PAK85_harunootozurewomatu20150125110931_TP_V

自分は30年以上生きてるのに一度もおかしなものを見たり聞いたりしたことないのに、 
娘は幼い頃に二度変なことを言ったことがあって。 
最初は娘が二歳くらいの時、お風呂の後部屋に戻るのに 
娘を抱いて階段を上がっていたら娘が『なに?』と私に突然聞く。 

こっちも『なにが?』と聞くと『ママなんか言った』と。 
『何が聞こえたと?』と尋ねると『や・め・ろって。』 
娘が小さいこともあり、乱暴な言葉は使ったことがなかったので『やめろ』という言葉が幼い娘の口から出たことにも驚いた。 
そして、今は離婚した夫と舅さんはその時仕事に出ていて、家にいたのは、居間に姑さんだけ。 
自分は霊感が無いので詳しく知りたくて娘にまた聞いてみた。 
『どんな声やった?男の人?女の人?』と聞くと『女の人』 
『恐い声やった?優しかった?泣いてた?』と聞くと『怖くはないし、泣いてもなかったよ。静かに言った』と。

で、結局この声の主はだれだったのかなーと思った、というだけの話なんですが。 

もう1つは娘四歳になった直後くらいの時。 
昼間に、娘が私の顔をじーっと見て、『ママ、昨日ね…』と話した話。 
前の晩、寝るために私が布団を敷いている時、先に敷いた布団の上に娘がいたのだけれど窓の外にオバケがいたらしい。 
(家が高台にあるので、カーテンを開けてた) 
で、またまた私がどんなオバケだったかを聞いたのだけど、娘が言った内容を要約すると 
たぶん男、首から上だけ、口も目も大きく開けていた、真っ赤な口だった、とても怖かった 
とのこと。そして娘は声も出せず枕で顔を隠したらしい。 
そのあと私に『なんしよーと?』と言われそっと顔を出すと、オバケはいなくなっていたとのこと。 
なんでその時言わんやったの?と聞くと『怖かったもん』と。 
で今娘は9才だけど、上の二つ以外は全くそういうことは無い。 
で、私は霊感は無いけど元夫は『見る』と言っていたのでそちらの血が濃いのかな、と思う。