cyusyaPAS01313_TP_V

Aは、数年前まで兵庫にあるかなり大きな病院で救急治療室担当として働いていた。 
その病院の救急治療室には、普段は倉庫として使われているドア付きの小さな部屋が併設してあった。 
しかし、運ばれてきた患者が叫んだり暴れたりして他の患者の迷惑になると判断されると、 
その小部屋に患者が隔離されることになっていた。

ある日、完全に精神倒錯で暴れて手がつけられない状態の患者が事故で運ばれて来た。 
どうしようもないので、最低限の処置をして隔離部屋に落ち着くまで入ってもらうことになった。 
患者はしばらく叫んだりしていたが、だんだん「うわあああ!来るな!来るなーーー!」というような言葉が 
叫び声に交じるようになった。 
そのうち「開けてくれ!来るー!来るーーー!闇の大魔王が来るんだーーーー!」と言いながらドアをバンバン 
叩くようにまでなったり、さすがに不審に思った看護師がドアを開けると、 
「闇の大魔王が来る!ここには居たくない!出しくれ!」と懇願された。

看護師一同は、「闇の大魔王ってwww」と思ったが、最初のような手が付けられないような状態では 
なかったので、普通に他の患者と共に寝かせてその時はそれで終わりだった。 

しかしその数週間後、また同じように暴れる患者が運ばれてきたので隔離部屋に入れたところ、同じように 
「闇の大魔王が来る!」と狂ったように怯えていた。 
その後も数名の患者がまったく同じように『闇の大魔王』について怯えて話すので、看護師たちもなにか 
あの部屋はおかしいんだと思うようになった。

Aは今では別の訪問看護中心の病院で働いているので、その部屋がどうなっているかはわからないが、 
最初は笑い話だった「闇の大魔王」が何人もの患者から口にされるのが怖くなった、と言っている。 
その部屋には本当に「何か」がいたんだろうか…それにしても、自分で『闇の大魔王』って名乗ってた 
んなら、ちょっとかわいいと思ってしまった。