CCC9V9A9900_TP_V
正直オカルト大好きだった昔取った杵柄とかそんなものはなく、ただ入ってくるなよ入ってくるなよ、と叶いもしない祈りをしながらひたすら怯えてた。
そうしていつの間にか引き戸から目を離せなくなっていた俺は、何か人型の黒い靄のようなものが扉を開けて入ってくるのをまともに見てしまった。
すーっと、部屋に入ってきたそれは俺の足元までやってきて、そこで立ち止まった。 
顔なんてわからないので男か女かなんてものも全くわからなかったが、そいつが俺の足元に立ってこちらを見つめていることだけはわかった。 
程なくしてその気配はベランダのガラス戸がある方へ向かい、そのまま外へ出て行ってしまった。 
汗でびしょびしょになった身体を起こしながら、俺はキッチンと寝室を隔てる引き戸を確認してみた。 
その引き戸は俺が最初に見たときと同じように、5cmぐらいの隙間が開いているだけだった。 
「心霊特番とかでもよくあるけど、こういうちょっとした隙間から幽霊が入ってくるとか定番だよなぁ」 
とか思いながら、実害がなかったこともあってか、あっという間に余裕を取り戻してもう一度ベッドに潜り込んだ。

段々とさっきの出来事は夢かなんかだろうな、と勝手に結論付けて眠りについた俺は、その後またすぐに目を覚ますことになった。 
状況は先ほどと同じ、はっきりと何かの気配が階段を上って廊下を歩いてくるのがわかる。 
そしてドアノブを乱暴に開けようとする音を聞くところまで同じ。 
ここまでくると正直夢であっても早く覚めてくれという気持ちでいっぱいだった。 
一瞬頭をよぎったのは、今度も本当に実害がなく通り過ぎていくのか? ということだった。 
こちらを見つめてくるだけで済むのか? 黒い靄の正体がはっきり見えたら? 
そんな俺の思考はそっちのけで、謎の靄はやはり人型のまま寝室に入ってきた。 
先程起きたときに開いていた5cm程の隙間は、そのままにしておいたのか閉めたのか、記憶ははっきりとしていなかったが、金縛りの中で視線だけを巡らせた結果、引き戸の隙間は前回と同じように開いたままだった。 
部屋に侵入してきたそれは、やはりベッドで寝ている俺の足元で歩みを止めた。 
そしてそれから目を話せない俺は、黒い靄のようなものが前回よりもはっきりとした人の形を取っていることに気づいた。

髪の長い女だ。 
真っ黒な髪を腰ぐらいまで伸ばした女だが、顔ははっきりとしない。 
完全に怯えきった俺を見つめていた女は、唐突に俺の足首を掴むとがくがくとベッドごと俺を揺さぶり始めた。 

金……返せ、返せ、金……! 

はっきりとそんな言葉が聞こえたが、正直その時は恐怖以外の感情なんて欠片もなく、いい年して泣きそうになりながら金縛りから逃れようと必死だった。 
その時、不意に力が入り物凄い勢いで上半身を起こすことができた。 
ベッドから転がり落ち、とにかくその女から逃げようと顔を上げた瞬間、既に部屋には誰もいないことに気づいた。 
ふと引き戸をみると、やはり5cmほどの隙間が開いたまま。 
俺は何度も戸を閉め、隙間が開いていないことを確認し、俺は再びベッドに潜り込もうとした。 
しかし、俺はその時に一瞬、寒気のようなものを感じた。 
もう一度部屋の中を見てみると、ベランダへのガラス戸がわずかな隙間、開いていた。 
流石に戸締りを忘れた覚えのない俺は、誇張でもなんでもなく歯をがちがち鳴らしながら布団を頭からかぶって寝てしまった。

結果としてその夜、女が再び現れることはなかった。 
朝、ベッドから起きようとしたときに、足首を捻った様な痛みを感じたが、特にアザやそういったものを確認することはできなかった。 
ただ、俺の中で昨夜のことは夢とかではなく、間違いなく現実に起きた現象だと言う確信だけは持っていた。 
それからと言うものの、俺は寝る前に寝室の戸が完全に閉まっていることを必ず確認するようになった。 
その時の俺が趣味や遊びに金を使って、親から金を借りていたことに気づいたのは、多分冷静になった翌日のことだったと思う。

生活状況を改め、夢ではない心霊現象にあったことも段々と忘れ始めていた頃、東京に遊びに来ていた両親・妹・叔母・従妹にこの話をした。 
妹は「何でお兄ちゃんそんなこと言うん!? いやや、叔母ちゃんらと一緒にホテル泊まる!」とか駄々をこねてたが、幽霊否定派の親父が一喝して渋々俺の部屋に泊まることになった。 
逆に従妹は昔からこういう話が好きだったこともあってか、泊まりたい泊まりたいと最後まで抵抗しながら叔母に連れられて帰っていった。 
親父は死体とかをよく見る職業についていたのだが「何十年もこんな仕事してて幽霊とか一度も見たことないわ。心霊写真とかも何枚も見たけど全然信じられへん」と豪語していた。

その後、正月に家に帰ったときに知ったことだが、どうやら俺はその年、厄年(しかも本厄)だったそうだ。 
幽霊を見たことと関係があるのかは不明だが、母親がえらくそのことを気にして厄除けの御札を買ってくれた。 
決められた方角に向けて玄関に貼らなければならないらしく、家に帰って早速貼ったのだが、1000円そこそこの御札でも何かとてつもなく頼りになるように見えて仕方がなかったことを覚えている。 
あれからずっと同じ部屋に住んでいるが、再びでそういった心霊現象にあうことはなくなった。 
今でもあの霊の正体はわからないが、あれから生活に余裕ができるようになったのも事実だ。