CCC9V9A9900_TP_V

俺は元々所謂“見える”人間だった。 
高校・大学時代に有り余った時間にかこつけて心霊スポット巡りとか廃墟に突撃とか頻繁に繰り返したりしていた。 
それも社会人になり東京の会社に就職する事が決まって、きっぱりとそんな学生気分にケジメをつけて、もっと他人と気軽に共有できる趣味でも持とうと思っていた。 
早速東京の部屋を探しに母親と一緒にあらかじめ目星をつけていた物件を見てまわることになった。 
その中でも23区内で月5万、1Kの風呂トイレ別で築10年ちょっと、更にはベランダ付のかなりの優良物件を見つけた。 
他の候補もあったが、不動産会社の人も「これだけいい物件は自分も中々お目にかかったことないですね」と言ってた。 
事故物件とかでもなさそうなんで、母親も納得してその部屋を借りることに決め、他の人にとられないうちにと契約を結んだ。

引越しも滞りなく終わり、仕事が落ち着いてきた頃から新しい趣味でも見つけようと色々な事に手を出してみた。 
その中で俺は料理とカメラとギターに嵌っており、学生時代の心霊体験とかその時は既に自分の中では遥か過去の思い出となっていた。 
その代わり、色んな趣味に手を出しすぎた代償として生活は本当にかつかつだった。 
元々嵌った趣味のためなら金を惜しまない主義だったので、持ってたカードの限度額は常に上限ぎりぎりまで使っているような有様だった。 
勿論そんなこと両親には言えなかったけれど、理由をつけては金を送ってもらったりもしていた。 

そんな生活が続いて1年ちょっと経った頃。 
新入社員も入ってきて先輩になっても、家計は火の車だった。 
生活レベルは落としたくない、でも金はない。 
今から考えればこの頃もまだ学生気分と言うか若いから何とかなるだろう、と言った気持ちがあったんだと思う。 
最後に心霊現象を体験してからは2年以上経っていたと思うがそれは突然やってきた。

深夜、おそらく2~3時ぐらいだとは思うが、俺は急に目が覚めて自分が金縛りにあっていることに気づいた。 
金縛り自体は正直嫌というほど経験してきたので、抜け出し方のコツも掴んでいた。 
大体寝不足とかで金縛りにあうときはどこか一点(腕とか頭とかどこでもいい)に力を入れて思いっきり動かせば解放されることがほとんどだった。 
しかし、金縛りの中でも所謂霊的な事象が絡んでいる場合は明確な解除方法なんてなかった。 
死ぬほど怖い思いをして、ヤバイと思った瞬間に解けるとかそういうこともよくあった。 
今回の金縛りは紛れもなく後者のものだった。

こういった場合にお約束で首さえも動かす事ができなかったので、目だけを動かして後は耳から聞こえる音を頼りに現状を把握しようと頑張っていたと思う。 
そうすると、階段を上って誰かが廊下を歩いてきている音が聞こえた。 
いや、正確には何かの気配が自分の部屋の扉の前までやってきている、ということを直感的に感じていたんだと思う。 
ここまできて俺はこれが学生時代に散々嫌というほど経験してきた現象と同類のものである気づいた。 
幽霊とかお化けとかそういう類はもう卒業したんだよ、マジで勘弁してくれ……とか考える暇もなく、唐突にその気配が乱暴に扉を開けようとしている音が聞こえてきた。 
鍵のかかっているドアノブをやたらめったら回して、俺は解けない金縛りの中で心臓だけがばくばくと鼓動を早くするのを感じていた。 
するとぴたり、とドアを開けようとする音が止み、それと同時にその気配が玄関を入って戸一枚隔てた俺の寝室の前にまでやってくるのを感じた。 
そのとき唯一動かせる目を扉のほうへやると、引き戸が5cmほど開いていることに気づいた。