009KZ17922photo_TP_V (1)

自分は小中高と、全寮制の学校に通っていた。 
凄いド田舎で、そこそこに古い学校。文字通り山の中にある。 
トイレの掃除とか凄かったんだ、夏が近づくと必ず排水溝とかにゲジゲジって呼ばれてる 
気持ち悪い毛だらけの長い虫が潜んでて、これの退治がもう大変。 
狸もよく見かけたし、雉もいた。 
裏庭に生徒が何人か集まって許可取って畑作ったり。 

そういう場所だから怪談話にも事欠かない。 
というか、教師からして結構警戒している節があった。 
なんせ、この学校では大分昔とはいえ、死者が出てたから。 
事件性も何もない、ただの発作らしいけどね。 
自分自身も結構色んな体験したけど、今回は学校でも有名だった白い女の話。

全寮制だから先輩達との距離もかなり近いし、夜中に集まって 
怪談話なんてのも結構やった。 
小学生の時に編入したんだが、入ったばかりの時にいた高3の先輩2人(以下A先輩とB先輩)が 
語り口が凄く上手いんだ。 
ベッドで寝てたら金縛りにあって、目をあけたらおっさんの顔が覗き込んでたとか、 
割とありふれた話でも、その2人の先輩が話すと怖く聞こえた。 

我が寮は5階建てで、自分達が使ってたのは4階だった。 
5階は掃除もされてないし、自分達が使うまでは放置されてた建物らしく 
雰囲気も不気味。下らない落書きなんかもそこかしこにあって 
階段の踊り場まで行って覗き込むことはあっても、 
実際に立ち入る程勇気のある奴はいなかった。

だけど、文化祭とかそういうもので、終わったらもう二度と使わないけど 
捨てるのも忍びないガラクタみたいな荷物、出るだろ。 
あれを仕舞うスペースがなくなったっていうんで、5階に運び込むことになった。 
それをやることになったのは、A先輩達だった。 

2人は仲良かったし、真面目だったから、いつも通りてきぱき頼まれた仕事をこなしていたらしい。 
運び込むのは5階に入って直ぐの部屋だったし。 
ただ、埃が物凄いからってんで、一旦中断して掃除をすることになった。 
部屋だけでなく、この際だから徹底的に5階全体を。 
学校が終わったあとの作業だから、夜19時くらいは回っていたんじゃないだろうか。 
異変が起きた――というか、異変に出会ったのは、階段から見て一番奥にある部屋だったそうだ。

寮の部屋はどこも同じ作りで、例えるなら長方形の両端4/1がベッドスペースとして区切られ、 
真ん中の部分は勉強机が並んでいて、ドアの真向かいに窓がある。 
つまり、扉を開ければ直ぐ窓が見える構造。 
当然、5階は使われてなかったからカーテンは閉まってる。 
まず、A先輩の方がその部屋に掃除の為に箒とちりとりを持って入った。 
夜中だから、暗い。 
すぐ下の4階の部屋は自分達が使ってるから灯りが漏れていて、それだけがカーテンを通して 
暗い部屋をぼんやりと照らしていた。 

入ってすぐに気付いたと、先輩は言った。 
閉じられたカーテン、当然床との間には隙間がある。 
その隙間に、白い女の両足が見えた。 
膝上の、白いワンピースの様な服を着ていたという。 
上半身は分からない。カーテンに隠れている。

だけど、足が見えただけなら不審人物が侵入していたってオチもあるかもしれない。 
そうじゃない、そこにいたのが人間じゃないという証拠は、すぐ目の前にあった。 
下から漏れた灯りがカーテンを透かして部屋を照らす。 
だが、そこに、 
カーテンの後ろに隠れていると思われる女の影は、映らない。