ELLY86_fensekanaami20140402_TP_V

窓際だった中学時代、授業中はいつも外を眺めてた。 
そっからは隣接する高等部の屋上が見えるんだが、ある晴れた日、屋上に背広の男が背を向けて立ってて驚いた。 
中肉中背、サラリーマン風。 
屋上はサボリ防止用に鍵がかかってて、誰かがそこにいるのを見たことない。

ずっと見てたら注意されたので言ったら先生も不思議がって男を見てた。 
それで部外者かもしれないし一応確認、と出て行った。 
残された自分たちは先生が現れるのを期待して男を見ていた。 
でも一分もしない内男は奥の方へ消えてしまった。最後までずっと後ろ向き。

ずっと見てたら注意されたので言ったら先生も不思議がって男を見てた。 
それで部外者かもしれないし一応確認、と出て行った。 
残された自分たちは先生が現れるのを期待して男を見ていた。 
でも一分もしない内男は奥の方へ消えてしまった。最後までずっと後ろ向き。

結局先生は屋上に入ることなく10分程で戻ってきた。やっぱり鍵がかかってるとのことだった。 
次の授業の時間にほかの先生たちと鍵を持って確かめに行ったらしい。体育だったので見ていないが。 
ただ屋上にも校内にもそれらしい人物はいなかったとか。 
うちの学校でちょっと問題にもなった事件。 
今でも不思議。