COW135112421_TP_V

その祭り(儀式?)は、まず大量の牛肉・豚肉で人形を作る 

医学書を見ながら、かなりリアルに作り上げる。皮膚のない人型を。 

畳2枚あわせて補強した台の真ん中に肉人形を正座させる 

その周りを大量の野菜、米でしきつめる。なぜか300万円ほどの札束も 

そのまま雪山の中腹にある広場に4~5人で引いていく 


翌日神主が見に行って、肉人形が無くなってたら台を引いて帰る 

肉人形が残ってたら失敗。泣いて帰ってくる 

肉人形と野菜が食われてたら成功。笑って帰ってくる。 

札束も食い荒らされてたら大成功。泣き笑いしながら帰ってくる。 


大成功でかつ晴れてる日は、何かが肉人形を食い散らかしてるのが双眼鏡で見れる 

何かとは、全身真っ白でマネキンみたいな光沢のある、人型の生き物である。複数である。 

見ても祟られたりすることはないが、大人は「おまえら、ご先祖に感謝しろな」と言ってくる