kazu79_toratora_TP_V

姉は双子で二人とも霊感あるみたいだけど長女の方が強い。 
そんな二人が私が生まれる前に母方の実家へ行ったときのこと。 

田舎なので親戚が集まると凄い数になる。 
そんな凄い人数でも、毎度のことなのでさあ寝ようと適当に布団を引いて寝たらしい。 

どれくらい寝ていたか分からないけど、なんだかゴリ…ゴリ…という音で長女が起きたらしい。 
一体どこから、と音のする方を見ると爺ちゃんの頭からだった。 

豆電球しかついていない薄暗い部屋の中で爺ちゃんの頭が二匹の虎にかじられていたらしい。 
聞いてた私も「は?」となったが姉さんはマジ。 

爺ちゃん家には床の間があって、当時そこには仏壇と掛け軸があったらしいのだがその掛け軸に描かれていたのが二匹の虎。 
その掛け軸の虎は抜け出したように薄くなっていて、爺ちゃんの頭をかじっている恐らく掛け軸の中の虎はガオ、ガオと言いながらくちゃくちゃとかじっているんだか食べているらしい。 

見ちゃいけないものを見たと、寝ようとすると次女が起きていたらしく、次女の視線の先にはやっぱり虎と爺ちゃん。

やばいと思ったときには時既に遅し。 
「うわあああ!爺ちゃんの頭がああああ!」と大泣き。 
びっくりした家族が飛び起きて何事かと電気をつけた。 
次女は「爺ちゃんが虎に食べられている!」と泣きながら言ったらしいが、家族には見えず、実際電気をつけたら虎は消えていて当たり前だが爺ちゃんの頭はなんともなってなかったらしい。 

結局寝ぼけたんだろうということになったが次の日だかその次の日に爺ちゃんは脳梗塞だかで倒れて運ばれたらしい。 

そんなことがあってか掛け軸は飾られなくなって、変わりに七福神を飾るようにしたらしい。 
虎は出なくなったらしいが、母方の血は霊感が強い人が多い。