DSCF8497_TP_V

大分県の別府に住んだことがある人はいないかな? 
舞台はある古いアパート 
俺は兄貴と二人兄弟 
俺は兄きっ子で、小学生の頃から兄貴についてまわって遊んでもらっていた 

その当時、兄貴が仲良くしていた友達がそのアパートに住んでいた 

アパートは、確か13階建てで、有名(?)デザイナーが建築したと言われるだけあって古いながらも存在感を放っていた

兄貴の友人は4階にすんでいて、俺と兄貴はよく家で遊ばせてもらった 

共働きの友人の両親は快く家を解放してくれたが 唯1つ『最上階には行くな』とだけ言われた 

ここで、そのアパートの構造について説明をする 

アパートの各階廊下と部屋ドアは外から見えるようになっている 

いわゆる団地のアパートと同じだ 
外から廊下を歩いている人、部屋に入る人が見えるよな? 

ただし、13階つまり最上階のフロアは壁に覆われていて、外からは見えないようになっている

わかる?? 

それほど重要ではない事項なんだけど、、 

とにかく、13階は外からうかがえない

階段とエレベーターは1つだけで、建物の中央にあった 


その頃、世間でオカルトが流行っていたこともあり、『入ってはいけない13階』というのは少年の心を捉えた 

兄貴「なぁ友人、最上階っちなにがあるん?」 

友人「さぁ?しらん.ただ行ったらいけんっち親に言われよんけん、倉庫かなにかやねん?」 

兄貴「…いってみようえ(みようよ)」 

友人「ぜってぇやだ!他の住人もおるけん親にバレるわ!」 

しかし、どうしても行きたいという兄貴に負け、12階から様子を見るだけならということになった

兄貴「よっしゃ!いくぜ」 

と、ここで友人が階段を登り始めた 

兄貴「おい友人!12階やろ!エレベーター使わんの?」 

友人「いや…エレベーターは嫌やに」 

兄貴「はぁ?いいやん」 

友人「お前らだけで使ってもいいけん.俺は階段で行く」 

かなり疑問だったが、俺と兄貴だけでエレベーターを使うことになった 

思い返せばあのとき初めてエレベーターを使ったな…今までなんで使ったことなかったのだんだ?? 

エレベーターが来た そして、乗って分かった.これは使いたくない.

エレベーターは 
大人が四人しかのれないほど狭く、中は真っ暗だったのだ 
電気が切れたままにしてあった 
かなり気味が悪い 

しかし、怖がるのも恥ずかしかったので、兄弟二人強がりながら乗った