imari0I9A5134_TP_V

「……さぁな」 

「あれ、ここの子でしょうか。こっち見てるの」 

女の子だろうか?窓からこちらを見ている。 
ちょうど屋根裏で遊んでいたんだろうか? 

「いいからほら、行くぞ。もう大体見当はついた」 

「はい。ええと……チャイムは無いよな、やっぱり。すみませーん!ごめんくださーい!」 

それなりに大きな声で呼んでみる。 
しばらく待つと玄関の引き戸が開いた。 

「はい……?」 

「あ、すみません。あの……」 

「ああ、はいはい。君がそうね。ええと、息子さんと……そちらは?」 

「僕というか、こっちが本命でして。そういうのに詳しい人です」 

「どうも、初めまして。Oさんでしょうか?」 

先輩が笑顔を作る。 
無闇に処世術に長けた人だなぁ、と毎度思う。 

「ええ、俺がそうです。今家族は出かけてるので、見たい所とか遠慮無しに言ってもらってかまいませんよ」 

どうぞ、と奥に招かれて、ようやく回転の遅い頭が動き始める。 
今、なんと言った? 
家族は出かけている……?

「それじゃ、屋根裏見せてもらえます?」 

俺の思考が答えに辿り着くより早く、先輩が言う。 

「屋根裏?いいけど、俺も入った事ないんですよ。物置にしてたらしいけど、今はもう何も無いし……」 

「という事は、Oさんは屋根裏がどうなっているか知らない?」 

「ええ、そうなりますね。それが関係あるのでしょうか?」 

家族が全員出かけているなら、さっき見ていた女の子は誰だ? 

「恐らく、大いに関係あると思います。とにかく入り口を」 

「はぁ……」 

Oさんは怪訝な顔をしながら俺たちを案内する。 
家の奥に細い階段があり、この上が屋根裏だと説明を受ける。 

「どうします?Oさんも入りますか?」 

先輩は笑顔で言うが、Oさんは一つ身震いをして拒否をした。 
もう俺にもわかる。 
原因はここだ。 
先輩が一度こっちを見る。 
俺は黙って頷いた。 

「よいしょっと」 

先輩が軽いノリで木製の扉を開くと、階下と違う少し暑い空気が流れ込んできた。 
この夏場、瓦屋根の直下と考えると、下よりも室温は高そうだ。

「ああ、だろうな」 

先輩が小さく呟いた。 
そのまま屋根裏に入っていく。 
心配そうなOさんを置いて、俺も追従する。 

「お前、漫画好きだろ」 

「え?ええ、まあ」 

「手塚治虫の奇子って漫画、読んだ事あるか」 

「一応は。ああ、って事は……」 

「そういう事だ」 

屋根裏は埃っぽいなんてもんじゃなく埃が積もっていて、鼻粘膜の敏感な俺には厳しい環境だった。 
が、そんな事どうでも良くなるくらいに奇妙な状態だった。 
入ってすぐ目についたのは格子だった。 
これも木製ながら、かなり頑丈なのはすぐわかる。 
屋根裏の一角を区切るようにして設置されているそれの向こうは、板張りではなく畳敷きになっていて、少し過ごしやすくなっているようだ。 
そう、過ごしていたのだ。 
この頑丈な格子の向こう、恐らくはこの家の親族の誰かが。 
歴史がありそうな家だな、とは思ったが、こんな物にお目にかかれるとは思ってもみなかった。 

座敷牢だ。

「見ろ、あの窓。お前が女の子がどうこう言ってた窓だぞ」 

確かにそのようだが、窓の位置がおかしい。 
180ある俺でも頭すら出ないような高さ。 
2mと少しといった所だろうか? 

「俺が見た年頃の女の子じゃ、跳んだ所で覗くのは無理ですね。台になるような物もない」 

「長年ここで過ごして足が弱っているなら尚更な」 

ああ……それで、歩けない夢だったのか。 
先輩は格子に取り付けられた戸を眺めている。 

「やっぱりだ。ほら」 

南京錠だろうか、錆びきっていてよくわからないが、間違いなく鍵がかかっている。 
ここまで錆びても朽ちていないのだから、それはもう頑丈なのだろう。 

「出たかったんですかね」 

「だろうな。……木も朽ちかけてるし、鍵もボロボロ。ほら、力仕事要員」 

俺は先輩と位置を入れ替える。 
鍵を思い切り引っ張ってみると、留めていた金具がずぼっと取れた。 

「これで戸は開きますよね」 

「ああ。俺達の仕事は終わりだ」