早朝のできごとだった。
バリバリという激しい音に最初は豪雨かと思って窓を開けたら右の方から火が出ていた。 
こりゃやばいと思ってバッグを掴んで外に出ると 
ほぼ同じアパートと言ってもいいぐらい近い場所にあった隣の古いアパート(実際何故か繋がっていた)
の真ん中の部屋が近づくことも無理なぐらいごうごうと燃えていた。

気付いたのが早めだったので無事に脱出。 
まもなく消防が到着。1時間くらい?して死体を入れる袋的なのを運び入れてたから
「ああ、中に人がいたんだな…」と思った。 
結局原因不明の出火で火元の部屋を含む三部屋が燃えて、
とてもじゃないけど人が住める状態じゃないので燃えたアパートは封鎖。 

火元の部屋はおじいさん(まばらぼけ)が一人で住んでいて、近所のお姉さんが時々介護にきていた。

両親は最近死んだばかりで、毎日早朝まででかい声でお経を唱えてお線香をあげていた 
火元はお線香をあげる際につけていた蝋燭ではないかとのこと(いつか火事になるよねって噂だった) 
出火当時、向かいのアパートのおばさんが発見して通報。 
通報した人によると、最初おじいさんはベランダに出て助けを求めていたらしいけど、
突然部屋に引き返してそれから出てこなかったとの話。 

近所の人とも話していたけど、助けを求める声なんていうのは一切聞こえてこなかった。 

おじいさんが自分で部屋に戻ったのはお姉さんにもう迷惑をかかけたくなかったのもあるだろうし 
天国の両親が呼んだんじゃないかって話だった。 

窓からも扉からもとてもじゃないけど入れないほどの炎だったのに、
部屋の中に戻ったおじいさんの心境ってどんなものだったのだろう…