0I9A6704ISUMI_TP_V

上司が釣り桟橋で夜釣りを楽しんでいたとき、
隣の釣り客が何かを釣りあげたのだが 
突然「わっ」と叫んで釣竿を、
ほっぽり出してどこかに走り去ってしまった。 
何だ?と思いながら釣り客がいた場所をみると闇夜の桟橋の上で釣りあげた魚が 
跳ねている影がみえた。何を釣ったのかと、近づいてみると… 

それは魚ではなく、うごめく人間の腕だった。 

それが激しく何度も手首を返し手のひらを、まるで魚の尾ヒレのようにバタつかせ 
桟橋の上を跳ね回ると、そのまま桟橋から海面に落ち沈んでいった。 

後日その桟橋からバラバラ死体があがったという気の利いたオチは無いが 
ただ桟橋の近くにある松林の中に
何故か片腕が無い地蔵が古くから祀られているそうだ。