PAK160218480I9A9257_TP_V

ところがバスは崖の下を見てもない。
おかしい、もしバスが途中で引き返してたなら
下で見てる二人はそれをみたはず。 
ばあちゃんによるとそのバスは
島根に昔からあるスーパーの業務用バスだったらしい。
地元のなのでばあちゃんは確実だと。

なんとかっていうスーパーのバスなんだって、とりあえず二人墓参り 
すませて、家かえってから、すぐにばあちゃんはそのスーパーに事情 
説明してみると その道はたしかにむかし確かに使っていた道だが今は 
別の道を使ってるとのこと、

ばあちゃんだけが見たならボケとか見間違えですんだんだけど、父親 
も一緒に見てて。警官でまじめな父がばあちゃん家から帰ってくるなり 
いきなりマジな顔でしだしたのを今でも覚えてる。ばあちゃんにもちちが 
いないときに聞いたが本当にあったのだと。

10年ほど前の話だがいまだに父親もほんとうに見たといっている。 
二人の解釈ではなんかの間違えで昔のものが今に現れてしまったんじゃ 
ないかとのこと。 この話聞いてからおかしなことってやっぱりあるん 
だなあっておもったわ