PAK160218480I9A9257_TP_V

ばあちゃんは島根の人。ばあちゃん家に父が帰省して
二人で墓参り行った時の話なんだけど、墓のある場所が山の上で、
途中がすげえ細い道があって、車一台しか通れないらしい。
車で二人が登ってくと上からバスが降りてくるの見えたらしい。

その道ってのがグニャってなっててそこに木々がしげってて、
細い部分に車が入ると下で待ってるばあちゃんらには
降りてくるまで見えないらしい。

車一台ぐらいの細い道で横は崖になってて
危ないのでバスが降りてきてから行こうってことで 
ばあちゃんと父は車で待ちながら
バスが茂みでみえなくなるのを確認したらしい。 

ところが5分まってもバスがおりてこない。
がけで落ちたんじゃないかって
心配になってばあちゃんらはすすんでいった。