ELFADSC03691_TP_V

私が実家に帰ったとき、体験したことです。 
私は仕事を辞め、某職員試験勉強に打ち込んでいました。 

実家にいる間、毎朝愛犬の散歩をしていたのですが、ある日、犬がいつもより早く起きました。 
午前4時10分くらいだったかと思います。 
いつもは午前5時30分前後に散歩に行くので、おかしいな~と思いました。 
しかし、それでも犬があまりに五月蝿く急かすので、私は怖いながらも散歩することにしました。 
外に出て、いきなりどんよりとしました。 
ド田舎なのもあり、まさに一寸先は闇、というくらい真っ暗なのです。 
しかも、霧がぶわーっと立ち込めていて、纏わり付いてきます。 
懐中電灯の明かりが非常に心許なく、照らした先も霧で飲み込まれます。 
でも、怖がりの怖いもの好きな私は、歩みを進めました。 

道中には、夜中に遭遇したくない嫌なものが多々ありました。 
地元のさびれた神社の長い階段、切れかけの蛍光灯の明滅、霧の中をぼんやり映すカーブミラー、傾斜地に並ぶ墓の群れ。 
隣の犬の荒い呼吸もなんだか恐ろしかったし、樹木にもたれ掛かる人間そっくりの案山子にも絶叫しかけました。 
静けさの中、足音も響いて、まるで肝試しでした。 

ただ、意外にも行きはあまり怖くありませんでした。 
かくして、調子に乗った私は、帰り道に田畑と森に囲まれた砂利道を選んだのです。 
もちろん、森ともなると霧がものすごく、霧の町・ロンドンってこんな感じなのかな……などと無駄なことを考えていました。 
田畑に浮かぶ、無表情の案山子の群れと、赤く光る烏除けに怯えながら、帰りも普通に歩いていました。 

しかし、家まであと200mのところでした。 
『……ちゃん』 
という呼び声がどこからか、聞こえました。 
なんだろう?と思いながら、周りを見渡しますが、霧でよく見えません。 
『ぁ~ちゃん』 
もう一度、呼び声が聴こえ、そちらの方を少しだけ目を凝らして見ました。 

そこには、黒い人影が立っていました。 
シルエットしか見えませんが、おそらく上半身は人が、口元に手を当てて、おーいと呼ぶような形だったかと思います。 
足を肩幅くらいに開いており、どうやらこちらを見ているようでした。 
もちろん、暗いので、それに目がついているのか、背中を向けているのか、分かりません。 
でも、確かに私のいる方向を見ている気がしたのです。 

私は先程まで、幽霊の類に遭遇せず、調子に乗っていた分、一気に背筋が凍りつきました。 
しかも砂利道。足音を立てずに帰ることもできないので、私はそれに気づかない振りをしてやり過ごすようにしました。 
もちろん、向こう側は見ず、ただひたすら前だけを見て、家までずんずんと歩いていきました。 

途中、それがいた道に差し掛かりましたが、それがいた方向には振り向かずにひたすら家まで歩を進めました。 
そのおかげか、今も何も起きていません。 

でも、もし、あのとき振り向いていたら、声を返していたら、私はどうなっていたのか……。 
そして、あの人影は、何故、神社近くの道に立って、誰を呼んでいたのか。 
少し気になります。