YAMAPAKUHIRAYUOKADA_R01_TP_V

俺の地元は温泉で有名な所なんだがそこに1ヶ所だけいわくつきというか絶対に入ってはいけないとされる温泉がある 
なんでも昔そこで掘削作業中に事故があったとか、まあそこで起こった話 

当時都会の大学に通ってた俺は某県の田舎の実家に帰り集落に残って農家を継いでいたAと地元の大学に進み同じく帰省していたBと再会した 
小学校時代から幼馴染だった俺らは20歳を超えて始めて会うこともあり
酒も入って夜中まで騒ぎまくってた 

午前2時を回り流石にトーンダウンしそろそろ解散するかと言い始めた頃、突然俺の頭の中に例の温泉のことが思い浮かんだ。なぜだかは分からない 

小学生の頃にAの言いだしっぺで1度だけ近くまで3人でその温泉の近くまで行ったことはあった。入ろうとしたところをたまたま山道をトラックで降りてきてたおっさんに見つかって怒鳴られたんだが 
その場でトラックに乗せられ「あそこは入っちゃいかんだろうと親から教わらなかったか!」と何度も怒鳴られ、山を降りると電話で親を呼ばれお袋が引き取りに来た 

お袋が迎えに来て勿論家に帰っても親父と一緒に散々叱られるんだが、どうしても納得できなかった俺はその晩寝る時にお袋に「大人になったら入ってもいいの?」と聞いた 
お袋は「あんたが大学に行くくらい大きくなったらね」とだけ言った。勿論寝る前に発した冗談だったのだろうがその一言を俺はなぜか忘れることが出来なかった 

なぜかあの温泉に行きたくなった。あのお袋の一言を信じるわけではないが、また3人で昔みたいに冒険したくなった。 
帰り際2人にその話をぶっちゃけると意外にも承諾してくれた。2人とも昔みたいにみんなで冒険したいのだとw 
しかもAによれば今は昔ほどタブーな地ではなくなってるらしく、周囲の山道が整備されたのか1年に数回は勘違いした観光客が温泉につかるまではいかなくても足を踏み入れてしまうらしい 
勿論彼らの身には特になにも起こってない。地元の連合がしつこく電話して確認してる 
ただ今から行くのは流石に気が引けるので3日後の昼間に行くことで2人とその晩は別れた

出発当日 
その温泉がある山に足を踏み入れた俺たち 
山道をアスファルト道に整備する過程で木を大分伐採したのか小学生の頃よりは日光が入ってくるようになっており暗さからくる怖さはだいぶ安らいでいる 
2kmほど歩くと例の温泉に入る山道が見えてきた 
山道の入り口の“この先危険、入るな”という木の立て看板を無視し、ずんずんとその山道を歩く俺たち。○○温泉と消えかかった文字で書かれた木の看板が見えると、ついに脱衣場になるように作ったであろうスペースに到着した 
かなり昔のものだから蜘蛛の巣が這ってるわ足場は悪いわで無茶苦茶。だが肝心の温泉はちゃんと湧いておりぎりぎり奥が見えるかどうかの透明感がある 
ただ管理されてないだけあって温度は50℃~60℃だろうか、相当熱かった。流石に入浴するのは無理なので足湯だけで済ますことにした 

足湯でくつろいでる途中、一番この温泉の歴史、怪奇現象に詳しいAが色々と話してくれた 

その昔この町が温泉バブルに沸き、いい湯が湧き出てるとされるこの地も整備しようということ話になったこと 
整備は順調だったが、ある日掘削機器の不備による事故でかなりの死傷者が出たこと 
その後作業を再開しなんとか完成にこぎつけたものの、作業中は怪我人や体調不良になる者、怪しい人影等を見た者が多発し散々だったこと 
完成し営業を始めたはいいものの、怪奇現象が多発したこと 

・入浴してるといきなり湯の中から足を掴まれる 
・いきなり作業着を着たおっさんが入ってきてそのおっさんと目があうとのぼせ気味になり失神する 
・いきなりお湯の温度が上がり、湯船から出ようとするも金縛りにあったように動けず大やけどを負う 
・髪を洗ってると肩に誰かの手の感覚、だが振り向くと誰もいない 

結局重傷を負う人も出てきたので町が強引に閉鎖させたらしい 
だが俺たちがいる間はそのような現象も起こらず、もう事故から何十年も経ってるから祟りも薄まってきてるんだろうなあということで笑いながらその温泉を後にした 
だがその晩俺が家の風呂に入ってる時から事態はおかしくなっていく