SUN86_iwabaniokaretakozeni20121002_TP_V

私は毎日 バスで通勤していて 朝早くに家を出て ちょっとバスターミナルの待合室でゆったりできる 
時間を設けられるようにしてました 

で その日もいつものようにバスターミナル待合室のベンチで缶コーヒーを飲んでいたら 
隣に50~60代くらいのおじさんが座ってきて こちらを見て何かボソボソと話している様子 
あまりにもじっと見つめ続けてくるのでちょっとムッときて「何ですか?」と尋ねてみました 
するとおじさんは 
「(聞き取れない部分)・・・にぃちゃん お金貸してくれやぁぁ 500えんぉぉぉ」 
と手を出してきます

当然 見ず知らずの人にお金を貸すことなんてできないので  
「えぇと ちょっと・・・それは うっふふふふ」 
とお茶を濁してみたのですが 通じているのかいないのか 
「500円 500円 明日には返すからぁぁ 500ええん」 
と 引き下がろうとしません 強気な態度を取ることも考えましたが 
相手が突然「あんだとこの野郎おおおお!」と逆上してポケットの中のヒカリモノを・・・(サスペンスの見すぎですが) 
なんて展開を考えてしまい どうしたものかと悩む始末 
そうして悩んでいる間にもおじさんは500円と 貸せをいい続けるばかり 
こうなったら嘘でもついてここを去ろうと思いとっさに思いついた嘘が 
「いや あれですわ なかなかこの財布にもお金が入らないものでねぇ 財布を開ければ木枯らしが吹くんですわ はっはっは」 
と適当に思いついた嘘を話してみると おじさんの500円コールが止まり きょとんとした表情に 
今だと思い 勢いよく立ち上がり 待合室を出ました 時計を見ると バスが来るまで15分ほど 残りをどこで過ごそうかと考えていると 
後ろから 
「にいいいいちゅあああん お金ぇ 500ええええん」 
おじさんが追ってきていました 
背中に冷たいものが走り 考える前に体がおじさんと逆方向に歩く 早足になる 走る 
とにかく逃げなくてはと思い おじさんをまびくために隣接する地下街へ 
階段をかけおり ちょっと上を見ると おじさんが私を探しているようでした 
このまま500円を渡そうか・・・とも考えましたがこれをきっかけに毎日現れると困るわけで・・・

背中に冷たいものが走り 考える前に体がおじさんと逆方向に歩く 早足になる 走る 
とにかく逃げなくてはと思い おじさんをまびくために隣接する地下街へ 
階段をかけおり ちょっと上を見ると おじさんが私を探しているようでした 
このまま500円を渡そうか・・・とも考えましたがこれをきっかけに毎日現れると厄介