SDIM3157_TP_V

母方の親戚が亡くなって1周忌の時に叔母から聞いた話です。 
死因は心臓発作だったそうです。年齢は30前半でした。 

心臓発作とだけ聞いていたのですが1周忌も終わり夕食を親戚で 
食べている時に叔母が話してくれました。 

彼はお寺関係の幼稚園で保育士をしていました。
幼稚園のすぐ近くに部屋を借りていたそうです。
部屋に住んでから暫くして異変が始まりました。
最初は小さな物音がしていたそうです。

「気持ち悪いな」と思っていたそうですがあまり気にしなかったそうです。
1ヶ月位が過ぎると次第に物音が大きくなりドタドタと走り 
回る物音や子供のはしゃぎ声が聞こえてきたそうです。

さらには夜に家に帰ってくると走り回る子供達も見たと言っていたそうです。
その事を園長(住職)に相談した所、
「すぐにそこから引越しなさい!!」と強く言われたそうですが彼は
「子供が好きなんで大丈夫ですよ。」と言って平気そうだったらしいです。 

その数日後に彼は心臓発作で死にました。 

部屋の玄関で目を見開いたまま苦しんだ表情で… 
遺体を確認に行ったとき園長から事情を聞いたそうです。 

この話を聞いた時本当にゾッとしました。