KAI428007_TP_V

その日は、妹と留守番をしていて、ヒマな午後を過ごしていました。 
田舎に住む私たちは、特に暑い日などは、玄関や窓を開けっぱなしにして生活をします。 

ウトウトと、していると 
妹が「遊びに行く!」といいました。 
よく、近所で妹と遊んでくれる人がいるので、 
階段の踊り場の窓から、今日もその人たちが遊んでいるか、確認することにしました。 

窓を開け、その人たちの姿を探しますが… 
今日はいませんでした。 
しかし、代わりに別の人がいました。 

その人たちは、見てすぐ異様な人と分かりました。 
髪が逆立ち、歩き方がとても人の様ではありませんでした。 
(頭おかしい人だ!)っと、すぐ分かり窓を閉めようとしました。 
しかし、何も分からない妹が、 
「な~にやってるの~?」の叫んでしまいました。 

それが、こちらを見たときに、初めて女の人だと分かりました。 
それは、いきなりこちらに走り出してきます。 
急いで窓を閉め、私は姉の部屋へと行きます。 
妹を引っ張っていきますが、「え。なになに~?」と、状況を理解していません。 
いつも隠れて遊んでいる、屋根裏部屋へと通じる姉の部屋へ行き、 
妹を屋根裏へ押し込めます。 
「いいか?絶対出るなよ?」と言い残し… 

部屋の扉を閉しめて、鍵をかけます。 
正直、精神的な恐怖から逃れるために、ココへ来たのですが 
大切なことを忘れていました。 
玄関が、開きっぱなしということです。 
しまったと、思ったときには、 
すでに、木製の階段をすごい勢いで上って来ている音がしました。 

それからは、扉をダンダン叩く音と、 
外から窓へと、石を投げる音… 
一時間は聞きました。 
結局、警察沙汰になりましたが、いまだにその人たちは捕まっていません。 


この26年間、一番怖い思いをしました。