dansou0I9A7356_TP_V

昔、首里城下に嘉平川里之子という男がおりました。 
「里之子」とは士族の男子の呼び名です。 
しかし嘉平川家は名家ではなく王府の役職にも就いておりませんでしたので、その暮らしぶりは裕福とは縁遠いものでした。 
その上嘉平川里之子は重い胸の病気を患っており寝たり起きたりの生活でした。 
生計を支えるため妻のチルーは小さな商いをしておりましたがその合間にも機(はた)を織り献身的に夫を支えておりました。 

 
妻のチルーは気立てが良いばかりではなく、首里城下でも幾人もいないほどの美人でした。 
それでしたのでチルーを意味ありげな視線で屋敷の中を覗いていく若い侍が何人もいて夫の存在など無視するありさまでした。 
病弱なうえ気弱になってしまった嘉平川は妻のチルーが甲斐性の無い自分に愛想をつかし他の男に心変わりするのではないかと、 
嫉妬・疑心暗鬼に陥り、ついには枕も上がらぬ重病になってしまいました。 
そんなある日、嘉平川は妻チルーを枕元に呼び寄せ愚痴っぽい口調で話します、 
「チルー、毎日迷惑をかけてすまない、俺はどうやら病気が治る見込みはないらしい」 
「お前のことが気がかりでこのままでは死んでも死に切れない お前は美人だから言い寄ってくる男は多いだろう。 
 お前は俺のことなど忘れて他の男に心を移すに違いない」と。 
チルー「貴方という人は・・・、私はそんな浅ましい女ではありませんよ。 
他の男に心移すなど考えて事もありませんわ・・」 
チルーは涙ぐんでこう言いましたが、 
「そんなことを言っても信用できない。お前のその美しさは今の私には残酷な仕打ちなんだ」 
夫のそんな言葉を聞くとチルーは思いつめた表情でしばらく考え込んでいました。 

チルー「わかりました。貴方は私の顔が醜くなれば、ようやく安心するのですね。」 
嘉平川「私以外の男を夫にしないと、誓ってくれ」 
チルー「でも、私が醜くなったら貴方こそ私を愛してくださらないのではありませんか、、、」 
嘉平川「そんなことは無い、お前がどんな姿になっても、一生お前を愛し続ける」 
チルーはまた思いつめた表情でおりましたが「わかりました」と一言告げるとスッと立ち上がり隣の部屋へ入っていきました。 
まもなく隣室から「ううっ!」という悲鳴ともうめきともつかぬ声が聞こえてきました。 
病気の体をおして這うように嘉平川が隣室を覗いて見ると・・・妻のチルーが倒れており肩を震わせております。 
「おい!どうしたのだ!」夫の声に妻は決心したようにゆっくりと顔をあげます、 
「はっ!」妻の顔をみて嘉平川は息を呑みこんでしまいました。 

チルーは夫への変わらぬ愛を誓いわが身を傷つけたのでした。 
あの美しかった彼女の鼻は無残にもそぎ落とされ はじけたザクロのように裂け割れとめどもなく鮮血が噴き出しておりました。 
「私は貴方以外の男を夫にする気はございません。
その証拠にこの通り、自分で自分の顔を醜く傷つけました。 
 世間の男達もこの私に変な目つきをしなくなるでしょう。だから貴方は余計な心配などせず一日も早くご病気を治して下さいませ」 
と鼻から息が抜けるようなちからない声で泣きながら言うと、 
嘉平川は今までの妻への猜疑心・嫉妬を後悔し、
「チルー!おまえの心を疑ってすまなかった!ゆるしてくれ!」 
と心から詫び、「そこまでしなくても・・・」と今更ながら思うのでありました。 
チルーのあの美しい顔は二度ともとにはかえりませんでした。