KAI428009_TP_V

 俺の親父の田舎は、60年代初頭まで人食いの風習があったっていう土地だ。 
とはいっても、生贄だとか飢饉でとかそういうものではなく、ある種の供養だったらしい。 

鳥葬ならぬ人葬かな。それは小さな神社で行われてたとのこと。 

そこの神主さんが亡くなった人の脳だとか脊椎だとかを啜り、その人の魂(心?)を受け継ぐんだって。 
で、イタコの真似ごとをして、残された家族とかに故人からの言葉を送るっていう寸法。 

気味が悪いように聞こえるけど、それほど殺伐としてようなものじゃないみたい。 

しかし、先に言ったように、だいたい60年代を過ぎるころになると、流石にそのような風習も廃れてきた。 
ちょうどその頃は、その神社の神主を息子さんが受け持つようになっていたし、 
法律とかそういう問題もあったから、ちょうど世代交代の時期だったのかもしれん。 

だがそれでも村の爺さん婆さん連中は、ご先祖様と同じように逝きたいとこの葬送を希望していた。 
そのため、新しい神主さんも嫌々ながらそれを引き受け、数年の間死体の脳を啜ったらしい。 
多分これがいけなかった。 

で、ここからが本題。 

それから20年ほど経った頃、その神主に突然異変が起こった。 
数日高熱にうなされた後、顔がパンパンに膨れ上がり、目玉が半分飛び出した恐ろしい容貌になって、 
常に汗水をだらだらと流し続ける体質になったらしいのだ。 
ほぼ常に水を飲まずにはいられないほど汗を流し続け、渇きに苦しむ姿はまるで本物の呪いみたいだったらしい。 

当然、神主の家族も心配して神主を病院に連れて行ったのだが、原因は分からすに終わり、 
結局その半年ほど後に、目と鼻と耳から変な汁を噴き出して狂い死にしたらしい。 
そしてこれを解剖して分かったことは、生きたまま脳が腐っていたことだけとのこと。 

当時、風習を捨てた神主への呪いだのと囃し立てられたが、特に新聞に載ることはなかったみたい。