ELFADSC08956_TP_V

 自分でも駄目だと思うけど、その日は色々あって死にたくなっていた。 
家飛び出して、近くの川に歩いてった。川沿いをぶらぶら、散歩しながら、鬱になっていた。 
泣きやむまで帰りたくなかったし、帰れなかった。 
そうして数時間歩いているうちに、前日にそっけないメールをしてしまった友達に電話したくなって電話した。 
友「あ、もしもし。どうした、今どこにいるの?かなり聞こえ辛いんだけど」 
 
何気ない話から始まって、徐々に重い話に。かなり迷惑だっただろうが、友達は、うんうんと聞いてくれた。 
聞いてくれたのだが、度々、友は家に帰れと言う。川は段々幅が狭くなってきて、畑、田んぼの真ん中を突っ切ってきたためか、周りには人一人いない。 
友「いい加減に帰り」 
私「まだ帰りたくない」 
友「わからないのかよ、ずっと左側でぶつぶつ言われてるんだよ」 
左側は川しかない。友人は見えるタイプの人間なので、パニクる私。 

友「だから、直ぐ帰れったじゃん。走れ、振り向くな、早くそこから離れろ」 
私「もう話すな!聞きたくない!」 
私は、電話をぶっちぎって何もない川沿いから、道路にダッシュ。 

たまたま国道沿いに出て、そこから携帯で最寄り駅を検索して、駅に向かい始めると、友達から電話が掛かってくる。 
友「平気か?走れるなら走れ。あれだけ、電話が聞こえにくいとか。家に帰れとか行ったのに。 
早く帰って、わんこと一緒にいな」 
ビビりな私は、言う通りに速攻家に帰り、寝るまで犬と一緒にいました。 

家に帰す為の友人の詭弁だったと思いたい。