C789_hakisaretanuigurumitachi_TP_V

友人Aから抱き枕(カバー)を貰った。 
友人Aは「ここちょっとキズがあるから。」とある箇所を指差した。 
そこは2センチほど破れていた。 

それから1ヶ月ほど経って、中綿(なかわた)を詰めようとしてカバーを確認したところ、2センチ程のキズが無くなっていた。 
何度も探したが、無かった。 

友人Aにその事を話したら、不思議な顔をしてこう言った。 
「そんなキズ無かったし、渡すときにもそんなことは言ってない。」 

さらに、 
「夢でも見たんじゃないの?」と…。 

さわって確認もしたので、あれが夢なはずは無い…。 
もし夢だとしたら、手元にあるモノはいつ貰ったんだろうか…? 
キズが無いのは自分としても嬉しいけど、この出来事は不思議で仕方ない。 

ちなみにこの抱き枕カバーは友人A曰く10年前くらいに1つ買ったもので、今は気軽に買えるような代物では無いとのこと。(なので、友人Aのイタズラではない)