SAYA160104035345_TP_V

大学に入学し友達も何人かできたある日の事、仲良くなった友人Aから、同じく 
仲良くなったBとCも遊びにきているので、今からうちに来ないかと電話が 
あった。 
時間はもう夜の9時過ぎくらい、しかもAのアパートは俺の住んでいるところから 
大学を挟んで正反対の方向にあり、電車を乗り継いでかなり先にある。時間も 
かかるしちょっと面倒なのだが、特にすることもなく、そのうえ土曜の夜で暇だった 
俺はAのアパートへ向かう事にした。 

乗り継ぎ駅のホームで待っているとき、ふと気付いたのだがホームで 
待っている人がやけに少ない。 
「土曜の夜ってこんなもんだっけ?」と疑問に思ったが、特に気にもせず電車に 
乗り込んだ。すると電車の中もやけに空いていて酔っ払いらしい2人組みが 
乗っているだけだった。
特になんとも思わず席に座り、携帯を弄りながらぼーっとしていると、その酔っ払い 
2人も次の駅で降りて行き、代わりに俺と同い年くらいかな?の女の子が乗ってきて 
俺の向かいくらいの位置に座った。 
最初は気付かなかったのだが、ふと携帯を弄るのをやめて顔を上げると、その 
女の子がやたら可愛い事に気が付いた。 

黒のセミロングくらいの髪型でちょっと大人しめな感じ、ぶっちゃけ言えばモロに 
タイプの子だ。 
が、別に女の子と話したことが無いとかそういうのではないけど、彼女いない歴= 
年齢の俺に声をかける勇気があるわけもなく、「出会いなんてあるわけないよなぁ」と 
心の中で思いながらふとその子を無意識に見つめてしまっていた。 
しかも間の悪い事にその子と目があってしまった。 

「ヤバイ、キモいやつだとおもわれる!」と慌てて目を逸らしてずっと窓越しに 
外を見ていました風な態度を取ったのだが、傍から見てもバレバレだろう。 
目的地の駅はまだ5駅も先だ、俺は「どうしよう、次の駅で下りるべきか、でも 
それだと余計不自然じゃね?」などとあからさまにキョドって葛藤していると、クスクスと 
笑い声が僅かに聞こえてきた。 

「え?」と俺が正面を向くと、女の子が俺のほうを見て楽しそうに笑っている。 
そして、楽しそうに「なんですかぁ?」と俺に話しかけてきた。 
「え?マジで?何このマンガみたいなシチュエーション」と思い浮かれまくり 
ながらも、表面上は冷静さを取り繕いながら「いや…外を見ていただけだけど…」 
と返すと、あろう事かその子はクスクスと笑いながら「私のこと見てたよねー」と 
言いつつ俺の隣へと移動してきた。 

内心大喜びしながらも、観念した俺は「ごめん、見てました…」正直に答えた。 
その後15分ほどの間だが、俺はその子とかなり色々話した、名前はアケミちゃん 
というらしく、学部は違うが俺たちと同じ大学に通っているらしい。 
しかし、その時は気付かなかったのだが、後になってこの時の会話を思い返して 
みると、明らかにアケミちゃんの言動はおかしかった。 

最近話題になっていることを話したかと思えば、急に何年も前の話をし始めたり、 
時事関連も詳しいかと思えば「この前の地震こわかったねー」というような話 
には不自然なくらい反応が薄かったり、同じ話を繰り返し出したかと思えば、 
急に無表情で黙ってしまったり。 
完全に「可愛い女の子とお近づきになれた」という状況に有頂天になっていた 
その時の自分はまるで解らなかったけれど、後から思えばなんといえばいいのか、 
自分が見聞きした事ではなく、他所から伝わった情報をただ聞きかじって覚えた 
だけといえば良いのか、上手く説明できないが、そんな不自然さと違和感が 
アケミちゃんの言動にはあった。