PAK_DSC05692_TP_V

俺がこの前九州に出張した時の話。 

仕事で九州に出張に行き、そのまま帰るのも面白くないと思い、近くの山で 
ハイキングでもしていこうと考え、九州の名前も知らない山に登山の準備をして登った。 
山頂まで到達し、帰路を歩いていると、さっき歩いてきた所と似た景色が見えてきた。 
まぁ、この時点で薄々迷ったとは思ったが、ネガティブ思考も良くないと思い、そのまま進む。 
またさっきと同じ光景。完全に迷った。どうしよう…弁当もさっき食べつくし、食料は無い。 
このまま帰れないのか、と思いつつ歩いていると、目の前を小さな狸が歩いて行った。 
俺はなぜか、その狸について行った。今でもなんでかは解からない。 
でも、ついて行かなかったらどうなってたか解からない。狸についていき、 
狸が止まった場所に、蕎麦屋があった。なんでこんなところに蕎麦屋が?今思うと不思議だが、 
だが当時の俺は飯が食える、という思いと、人に会える!という期待で頭が回らなかった。

蕎麦屋に入ると、蕎麦特有のつゆの匂いが漂ってた。 
中には鉢巻したおじさんが、蕎麦を作っていた。 
でも直感的に、ここの蕎麦は食べれないと感じ、蕎麦屋をでた。 
出た直後の記憶が無かった。俺は山に登る前のホテルにいた。 
後から地元の人に聞いても、そんな山も蕎麦屋もしらないと言われた。 
あれは何だったのか、今でも疑問