HIRO86_gaitoutozattou_TP_V

623 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/07/05(木) 00:10:28.78 ID:/fwAWn+v0 [1/7回(PC)]
最近、友人の様子がおかしかったんです。 

僕の仕事仲間で友人『B』は、無口だけど頼もしい男です。親友といってもいいくらい信用しています。 
いつも問題を自力で解決する男なので、最初はそれほど心配していなかったんです。 
でも、今回はそうはいきませんでした。身体は日増しに痩せていくし、会社ではグッタリと机にもたれたり、廊下をフラフラ歩いたりしていました。 

悩みか、それとも病気なのか。仕事の休憩中、それとなく聞いてみました。 
しかし「いや、それが、なんていうか……」と、かなり歯切れが悪かったんです。 

僕は語気を強め、問い詰めるように質問しました。すると、ようやく話し始めました。 
「出るんだよ。女の霊が……俺の部屋に」 
まったく予想していない話でした。 
「夜、寝苦しくて目が覚めると、暗い表情の女が枕元に座っていたり、会社から帰ると部屋がバラバラに荒らされてたり……」 
「風呂に入ってても、いきなり何かに足首をつかまれたりするし。あと、勝手にテレビがついたり。……本当に霊が居るんだよ」 
「最初は気のせいと思うくらいの現象ばかりだった。でも最近は……あいつに何をされるか、怖くて眠れないんだ」 
Bは毎日、心霊現象に悩まされているというのです。 
一通り話をして落ち着いたのか、Bの顔は少しだけ和らいだように見えました。 

僕は霊の存在を信じてはいません。少なくともこのときは。 
それでも、Bの気持ちが少しでも楽になるのなら――そう思って、しばらく僕の部屋に泊まるよう提案しました。 
すると、Bの顔が「パッ」と明るくなったんです。 
「いいのか!? 良かった! ありがとう」 
泣き出しそうな顔と、嬉しそうな顔で、Bの顔はグシャグシャになっていました。 

その日の仕事が終わり、一緒に会社を後にしました。 
Bは着替えを取りに、自宅へ行くと言います。僕はついて行こうとしましたが、断られてしまいました。 
「少しくらい、大丈夫だから」 
そう言って、トボトボと歩いて行ってしまいました。それでも、僕と話す前よりは、だいぶしっかりした足取りでした。


624 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/07/05(木) 00:11:02.16 ID:/fwAWn+v0 [2/7回(PC)]
帰宅の途中、スーパーで弁当やお菓子、ビールやおつまみを沢山買いました。それからコメディ映画のDVDを3枚借りました。 
とくに期限は決めていませんが、しばらくはBと生活することになります。明るく楽しくしようと思いました。 
部屋に帰り、着替えを済ますと、ゴロリと横になりました。Bが来るまで一時間はあります。 
別にかしこまる仲ではありません。「先に食べてしまおうか? それとも風呂に入ろうか?」そんなことを考えていました。 
すると、携帯が鳴りました。手にとって見ると、Bからの着信です。 

「よぉ。もうすぐ着くから」 
電話越しでBが言いました。しっかりした、張りのある声でした。 
「良かった。やはり泊まるよう言って正解だった」 
到着が随分早い気がしましたが、その時はあまり気になりませんでした。 

十分ほど経つと、チャイムが鳴りました。「来たな」と思い、玄関へ行きます。 
そして、ドアを開けようとしたとき、フト覗き穴から外を見てみたくなりました。もちろん、見なくてもBだと分かっていました。 
そっと覗いてみると、おかしい。誰もいません。 

僕は思わずニヤっとしてしまいました。実は、本来Bの性格は、こいうものなんです。仲のいい者には、お茶目な一面を見せてくれます。 
「やはり誘って良かった。機嫌が良さそうだ」改めてそう思いながらドアをあけます。きっと、開いたドアと壁の隙間に隠れるに違いありません。 
40度ほど開け、ヒョイと顔を出し、ドアの向こう側を確認しました。しかし、誰もいません。 

もっと辺りをよく確認しようと、さらにドアを開けながら、一歩、足を外に踏み出したときです。 
ドアが急に閉まりました。 
ものすごい勢いです。ドアノブから手が離れます。まだ半分しか身体を出していません。叩きつけられるような形で挟まれてしまいました。 
ドアの固いかどが胸に食い込みます。背中にも衝撃が走りました。 
それだけではありません。ドアはただ閉まったのではなく、まるで誰かに押さえられているようでした。 
しかし、いくらあたりを見回しても、ドアを押している人はどこにもいません。 
手で押し返しましたが、びくともしませんでした。ドアの力は増していきます。