N874_cyairokuirodukuyamayama_TP_V

519 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/11(月) 18:33:44.54 ID:cpaKF/Su0 [3/4回(PC)]
それを見たときに私は、不謹慎かもしれませんがテレビドラマなどで警察官が死体のあった場所に描く 
人型の白線を思い浮かべてしまいました。 
「こんなふうに生えるには、われわれには想像もつかない理由があるのかもしれないね」 
私は数こそ出るものの大物が釣れない今回の釣果には満足していませんでしたので、 
さらに奥まで入り二日後に引き返してくることにしていました。 
その方はまだここにいるとのことでしたので、再開を約束してその場は別れました。 

かなり体力を消耗しましたが奥には大きな岩魚がおり、私は十分に堪能してその場所に引き返してきました。 
もう夕方になっていたので、いっしょにテントを並べて一泊しようと思ったのです。 
はたしてカーキ色のテントはそこにありました。まだ寝るには早い時間と思い中に声をかけてみました。 
「・・・うううっ、誰だ」その方の声ですが妙にくぐもっています。 
「二日前に通った者です。どうしました、具合でも悪いんですか?」と私。 
「・・・いや何でもないちょっと怪我をしたんだ。それよりここに泊まるんじゃない。もっと下れ」 

単独行で怖いのはやはり怪我です。滝登りなどで足を滑らせて骨折でもしたりすると命取りになります。 
特にこのような人の来ない場所では。「大丈夫ですか、麓から応援を呼んできましょうか?」 
「いやいらない。・・・あんたはこの場を立ち去れ、早く夜がくる前に」 
「いや、そうは言っても・・・」 
するとテントの前でかがんで話している私の前に、ジッパーの間からぬっと枯れ木のようなものが突き出されたのです。 
びっしりと生白い茸が生えた、人の手であってそうではないようなおぞましいもの。


520 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/11(月) 18:36:50.06 ID:cpaKF/Su0 [4/4回(PC)]
テントの中から大きなうなり声が聞こえます。 
「ううう逃げろ、とにかく逃げるんだ。やつらはみなわかってるんだぞ。俺のようになりたいのか」 
私は急に怖くなって「救援を呼んできますから」と一声残して、走って沢を下りました。 
そのうちに夜になりましたが、何度も転びながら何時間もかけ続け、どうにか県道の通る場所まで下りました。 
通りかかった車を停めて事情を話し、翌日の朝には地元の山岳会の方などを案内してその場へと戻りました。 

テントはそのまま残っていましたし、荷物一切もそこにありました。しかしその方の姿はどこにも見えません。 
とりあえずテントはたたむことにしましたが、中にはあの茸がたくさん散らばっていました。 
ペグを外してテント全体を持ち上げたとき、その下の地面に茸が小さく頭をのぞかせていることに気づきました。 
そしてそれは人の形に生えかかっていたのです。 
その後警察も出て大がかりな捜索がなされましたが、その方のゆくえは杳として知れず、遭難扱いとなりました。 
私はそれ以来渓流釣りはもちろん山にも入っていません。



521 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/11(月) 19:07:41.44 ID:9eAW8N7H0 [1/1回(PC)]
>>518 
マタンゴか・・・なにもかもなつかしい。