494 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/07(木) 17:49:01.45 ID:HSLKAHpZ0 [1/6回(PC)]
 
今からはもうだいぶ前のことになります。そのころ私は美術の専門学校を卒業したばかりで、さらに 
金属工芸系を深く学ぶためにその地方の中核都市へ出てきていました。学校の手続きはすぐに済みましたが、 
アパートを探さなくてはなりません。当時私は片親の家庭で仕送りなどあまり期待できませんでした。 
専門学校もアルバイトをしながら卒業したくらいでしたので、あちこちの不動産屋を回り少しでも条件がよく 
家賃の安い物件を探していました。 

そして数軒目の不動産屋でありえないような格安の物件を見つけたのです。それはアパートではなく 
一階建ての一部屋で隣に住む大家さんが自分の家の庭に離れとして建てたものでした。そして家賃は 
ちょっと考えられないほど安かったのです。なぜこのような物件がいつまでも残っていたのかというと 
不動産屋からは「大家さんたちは老夫婦で、だいぶ前に息子さんを亡くされている。その思い出が 
やっと薄らいできたので、息子さんが使っていた離れを人に貸そうという気持ちになった。 
ただ同じ敷地内にあるようなものなので、できれば女の人に借りてもらいたいと思っている」このような話を 
聞かされました。さらに「大家さんたちは借り手と事前に面会して、その人が気に入ったら決めると言っている」 
とのことでした。


495 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/07(木) 17:49:49.66 ID:HSLKAHpZ0 [2/6回(PC)]
その場所は私の学校からは二駅しか離れておらず通学にも便利で、ぜひともここに決めたいと思いました。 

そして不動産屋にセッティングをしてもらい、大家さん夫妻との面接に臨んだのです。不動産屋の車で 
大家さんの家へ行き、玄関のチャイムを鳴らしました、出てこられたのはご主人が70歳代、奥さんが 
60代半ばといったところでしょうか、どちらも白髪の上品な人たちです。「ささ、お上がりなさい」 
私たちは和室に案内されました。そこは裏の山側に面した上品な一室でしたが、床の間に他の調度に 
そぐわない鷹の剥製があり鋭い目を光らせているのが少し異様に感じられました。

そうして私は学校のことや将来の夢などをご主人に問われるままに語りました。
奥さんのほうはつねににこにこと微笑んでおられるだけでした。

ただ私が出身地の県のことを話したときに、奥さんは「これは」というような顔をしてご主人と 
目配せしたのを覚えています。ご主人は話の最後に「これはよいお嬢さんだ、どうだね○○(奥さんの名前) 
この方に決めようじゃないか」「ええ、それがよろしゅうございますね」こうして私は夫妻の家の離れに住む 
ことになったのです。 



496 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/07(木) 17:50:06.37 ID:HSLKAHpZ0 [3/6回(PC)]
そして帰る前に離れの部屋を見せていただきました。
そこは夫妻の家から10mばかり離れた庭の中にあり、外観はまだ新しいものでした。「ここは元々は息子が動物を飼育するための小屋として使っていた場所で、 
ひとり息子が死んでから今年でちょうど10年になる。それで私たちもいつまでも悔やんでいてもしかたないと、 
ここを建てかえて人に貸すことにしたのだよ。あなたのような人に住んでもらうことになってよかった」とご主人。 

「ほんに。息子は生き物の好きな子でしてねえ」と奥さん。それを「これ」とご主人がたしなめ、「あなたが 
都合のよいときに引っ越してきてください、いつでもかまわんよ」とおっしゃってくれます。私がお愛想のつもりで 息子さんの仕事について尋ねますと、ご夫妻は顔を見合わせていましたが、ご主人が「なに、わたしの跡を継いで 職人をしていたんです。あなたも工芸をおやりになるそうで、息子が生きていたら気が合ったかもしれませんな」 
と答えられました。部屋は6畳の一間に台所、バス・トイレと普通のアパートと違いはありませんでした。
ただ建物の外観に比べて内部がせますぎるように思われました。しかし壁などを厚くしていねいに造っているのだろうと 
解釈することにしました。