DIS0I9A0001_TP_V

132 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/03/04(日) 12:36:09.81 ID:C8/Dhig30 [7/10回(PC)]
それから祖父の家に戻され、その日一日、神主さんがずっと私に付き添っていました。 
その時に神主さんから、一つ目の化け物について説明を受けました。 
一つ目の化け物は、この辺りでは「モッケ」と呼ばれていること。 
山の中に棲み、山に入ってきた村人を迷わせ、女を犯し、時には喰っていたこと。 
しかしある侍が当時の神主の協力を得て、山の中の岩にモッケを封じたこと。 
その岩には注連縄をして、岩に続く道にも鳥居をたてて注連縄をし、立ち入り禁止に 
したこと。 
今行われている神楽舞は、その一連のエピソードを元にしていること。 
正直「嘘だろ」と思ったのですが、さすがに自分が見たものを否定することは 
できませんでした。 
既に皆様お察しかと思いますが、兄達はそのモッケが封じられていた禁域を 
侵してしまったのです。 
神主さんが言っていた「×××」というのは、モッケを封じた岩のことでした。 
岩を見に行った人の話によると、岩は真っ二つに割れていたそうです。 
鳥居の注連縄も緩んでいたので、誰かが侵入したんだ!ということが判り、 
大騒ぎになりました。 
そこで兄達は黙っていられないと思い、大人達に禁域へと足を踏み入れたことを 
打ち明けたそうです。兄達はみっちり叱られていました。 
兄の左足が腫れたのはおそらく、注連縄につまづいたからだろうとのことでした。 


133 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/03/04(日) 12:36:38.92 ID:C8/Dhig30 [8/10回(PC)]
封じていたモッケが放たれた、と青くなる神主さんに、私は墓から飛び出した 
鎧武者のことを伝えました。 
神主さんは半信半疑といった顔つきでしたが、やがて私を見て 
「モッケに追われたのに逃げ切ったという話は、確かに今まで聞いたことがない」 
と、呟きました。 
神主さんが私に付き添っていたのは、私の体調を心配していただけではなく、 
モッケから守るためでもあったそうです。 
同系列の神社の、他の神主さんにも協力を仰いで岩を調べたところ、 
モッケの気配は綺麗さっぱり消え失せていることがわかったそうです。 
肝心の鎧武者についてですが、どうやらこれは私のご先祖様ではないかとのことでした。 
祖父の家の墓は菩提寺の墓地ではなく、祖父が持っている山の一画に墓地を 
設けています。 
モッケに追われた時に私が逃げ込んだのが、この墓地だったわけです。 
祖父の家の祖先を辿っていくと、なんでも平家の落ち武者になるとのことですが、 
本当かどうかはわかりません。 

ですがこの出来事以来、私は霊感があるという人から高確率で 
「あなたに武士の守護霊みたいなものが憑いている」と言われるようになりました。 
「守護霊みたいなもの」という表現が、少々ひっかかりますが…… 
ある人からは「守ってくれているけど、決していいものではない」と言われました。 
そして神楽舞ですが、祖父が住んでいた地域は現在、市町村の統合などで地名が 
変わり、祭の形態も変わったと聞いています。 
私も兄もモッケが出た夏以降の数年間、祖父の家に泊まりに行くことはありませんでした。 
神楽舞は今でもやっているそうですが、兄や私が習った「武士が魔物を追い払う舞」は 
もうやっていないそうです。 
長々と失礼しました。 



964 本当にあった怖い名無し sage 2012/02/04(土) 19:14:09.59 ID:qm2GGksq0 
949です。少しだけ補足させていただきます。 
後ろの人が平家の落人だからなのか、八幡宮系の神社に足を踏み入れると高確率で 
体調不良になります。 
高校の時、修学旅行で京都に行ったのですが、戻ってから高熱が出て大変でした。 
「幽霊避け」で友人の部屋に行った後はひどい帯状疱疹に悩まされたのですが、 
そちらはただタイミングが悪かっただけかもしれません。 

あとモッケですが、鳥山石燕の今昔画図続百鬼に、よく似たものが載っていました。 
そちらでは山精と記載されていましたが。 
ただ私が目撃したのは腰みの姿ではなく、ぼろぼろの着物をまとっていました。 
叔父に聞いてみたところ、モッケを封じた侍も祖父の祖先だそうです。 
ただこちらは源平合戦の頃の話ではなく、もう少し時代が新しい伝承とのことでした。 



965 本当にあった怖い名無し sage 2012/02/04(土) 19:32:44.38 ID:aDm+ARiZ0 
>>949 

>舞の締めはいつも「剣を持った武士が龍のような妖怪を追い払う」踊りで 

>神楽舞は今でもやっているそうですが、兄や私が習った「武士が魔物を追い払う舞」は 
>もうやっていないそうです。 

これ前途では龍という言葉が入ってるけど、 
龍のこと、ではなくて、あくまで龍のような「魔物」でいいのかな? 

ちょっと、龍っていうとありがたいイメージがあるから、龍に属するのか、魔物なのか、気になる 



966 949 sage 2012/02/04(土) 20:07:09.78 ID:NGVq4Uxq0 
>>965 
先程もう一度、叔父に聞いてみました。 
数年前に祖父が亡くなったため、今伝承に一番詳しい親族は叔父なので。 
八幡宮にお参りしないほうがいいというアドバイスをくれたのも、叔父でした。 

舞でモッケ封じを再現するにあたって、障りが出てはいけないということで、 
モッケの姿をそのままあらわすのではなく、龍のような形にしたそうです。 
今まですっかり忘れていたのですが、そういえば魔物の面は一つ目でした。 
額に角がついた面だったので、子供の頃の私はその魔物を「龍」と認識していたようです。 

しかし「障りがあるかも」というのなら、何故わざわざ舞を作ったのか… 
少し奇妙ですね。