PAK74_denkime-ta-14090301_TP_V

89 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/02/24(金) 22:45:35.96 ID:AVSsPknX0 [1/5回(PC)]

今から語る話は、僕の母がまだ若かった頃体験した実話だ。いや、実話らしいとでも言っておこうか。あまりにも現実離れしているから、僕も今まで、誰にも話していないくらいだからね。だって話したところで、たぶん誰も信じてくれないだろうから。 
僕の母は若い頃、開業医の兄のもとで看護婦をしていた。 
なので、話の中で看護婦と言えば僕の母、先生と言えば母の実兄の事だと思って下さい。 

当時の医者は、現在のように役割分担がはっきりしていなくて、来る者は拒まず、皮膚病患者から妊産婦まで何でも診ていたらしい。 
ある日の夕方、頭に大怪我を負った女の子が医院に運ばれて来た。 
運んで来たのはその娘の父親で、まさに半狂乱の状態だったという。 
先生は一目で(これは到底助からない)と思ったが、出来る限りの手は尽くした。が、その子はやはり助からなかった。 
娘の亡骸にしがみつき号泣する父親。看護婦はただオロオロするばかりだ。あまりにも哀れで、怪我の理由を聞く事も出来ない。 
先生も看護婦も、その親子とは顔見知りだった。いや、顔見知りも何も、その娘を母親の胎内から取り出したのは他ならぬ先生だったのだ。 
看護婦は、泣き喚く父親を呆然と眺めながら、いつも手をつないでいた親子の姿を思い浮かべていた。 


その親子は、犬神すじとして、町の者から嫌われていた部落の人間だった。 
今では考えられない事だが、差別の対象となっていたその村の出身者は皆、犬神憑きだとされ、町の者から忌避されていたのだ。 

先生は元来物欲のない人で、貧しい者からは一切金を受け取らなかった。ただし無償で診察していたわけではなく、「秋には少し米を分けてくれや」とか「美味い肉楽しみにしてるで」とかで済ましていた。 
そんな人だから部落の者からの信望は厚く、一度医院が火事になりかけた時も、消防団よりも早く彼らが駆けつけ、ボヤで済んだ事もあったらしい。 

突然、号泣していた父親が立ち上がる。 
「先生、俺、絶対許さねえ!みなごろしにしてやる!!」 
そう叫ぶと、娘の亡骸を残したまま医院を飛び出した。 
単純に不慮の事故だと考えていた先生は(まずい!)と思ってすぐに後を追った。 


90 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/02/24(金) 22:47:53.86 ID:AVSsPknX0 [2/5回(PC)]
看護婦も外に出て、何としてでも父親を止めたかったが、さすがに遺体を置きっぱなしには出来ず、先生を待つ事にした。 
先生は1人で戻って来た。必死で探し回ったが結局見つからず、家まで行ったがもぬけの殻だったらしい。 
先生は仕方なく警察に連絡した。が、警察にしてみれば、殺しに行った事が例え事実でも、誰を殺しに行ったのかが分からなければ防ぎようがない。 
医院に運ばれて来た時、娘にはまだ脈があった。 
僅かでも意識があって、思いを伝えられる瞬間があったとすれば、知っているのは父親だけだ。 
警察、先生、看護婦、学校の教師らが手分けして、一軒一軒尋ねて回った。 
「家族の中でMちゃん(娘の名)の死に心当たりがある者はいないか?」と。答えはどこの家も、NOだった。 

その娘の葬儀は先生が費用を賄って行われ、母親が眠る墓に埋葬された。 
葬儀の最中、あるいは父親が姿を見せるのでは、といういちるの望みも叶わなかった。 
母親は娘を産んで1年位後に、風邪をこじらせて亡くなっていた。 
先生は一度父親を殴った事がある。妻が病に臥せている事を先生に黙っていたからだ。 

「出産の時も、娘が熱出した時も金払わんかったから、言えんかった。」 
涙を流しながら話す父親を、先生は思いきりぶん殴った。 
「金なんか要らん言うたやろうが!」 
先生も看護婦も涙が涸れるまで父親と抱き合って泣いた。「ふんぎゃー」傍らでスヤスヤ眠っていた筈のM子までが3人に加わった。 
看護婦はその時、心から思ったという。 
(犬神憑きなんて嘘っぱち!みんな良い人ばかりじゃないか!) 

何事も起こらずひと月が過ぎた。失踪した父親の事もあまり話題にならなくなる。そんなある日、ある家から医院に電話が掛かってきた。5歳になる長男が泡を吹いて倒れたという。 
先生が看護婦と駆けつけた時には、既に男の子は呼吸をしていなかった。心臓マッサージを試みようとした2人は、白目を剥いて倒れている子供の身体に触れ、異変に気づいた。 
既に死後硬直が始まっていたのだ。 
!!! 
先生と看護婦は声を失った。 

顔がみるみる土色に変わっていく! 

(あり得ない!) 
先生は子供の服を脱がせてさらに驚いた。痩せ細ってあばら骨が浮いた身体は干からびたように水気がなく、とても死んだばかりのものとは思えなかった。