N912_jyukaitokoke_TP_V

45 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/02/22(水) 19:17:02.42 ID:4v7tXfgA0 [9/12回(PC)]
ただし元同級生は少年の悪口をいいふらしていた事に関しては員面調書内では否定している。 
否定はしているものの、あたかも少年Aが犯人であるかのように供述している。 

「女の人を見ると顔より先に首に目が行ってしまう。」 
「他人の事が野菜に見える。野菜は傷つけても罪にならない。」←これは第二挑戦状を連想させる発言である。 
3月事件に関してはズバリ「80%俺がやった。酔っていたから確かな事は言えないが。」 
J君頭部切断を思わせる発言もしている。「A君の家のドラゴンボールの人形の首から上が無くなっていた。」 
「猫の舌の塩漬けのビン詰めを見せびらかされた、13日の金曜日などのホラー映画を毎日鑑賞していた。」 

これらの発言全てを少年A本人から聞いたものとし、「今までの彼との交際を考えると、彼ならやりかねないと思います。」 
と警察に供述している。 

一方私自身に元同級生が、「警察にちくってやる、あいつこの前の犯人なだぜ。」とも言ってきた。 
当然私は相手にしなかった。なにせ、喧嘩の後一ヶ月もたっていない人間の言う言葉である。 
警察もまともに相手にするとも思えない。元同級生は集団の中に必ず一人や、二人いる「物事を大 
袈裟に言うタイプ」で昔から嘘っぽい話も多かったからだ。


46 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/02/22(水) 19:17:51.73 ID:4v7tXfgA0 [10/12回(PC)]
しかし警察がこの証言に飛びついてしまったと考えると、不審な警察の記者会見が説明できてしまう。 
おそらく2回目の記者会見で警察はこのような事を発表している。 
「容疑者宅から、13日の金曜日をはじめとする多数のホラー映画を押収した。」 

おそらく今だに記憶に残っている人もいると思うが、3回目?の記者会見では次のようになっている。 
記者が警察に押収したホラー映画の事を尋ねると、「ホラー映画なるものは実は無かった。」事に 
なってしまう。 

一体これはなんだったのだろうか?ちなみに1回目の記者会見は5分で終わってしまうが、この記者会見の 
今考えればおかしな物だ。 
記者「凶器はなんですか?」 
警察「凶器はナイフなど・・・・・。」 
記者「刃渡りは?」 
警察「分らない。」この後記者達の間に「プッ」という笑い声がなり響く。 

実際に調書内で少年AはJ君殺害、遺体切断、共にナイフは使っていない。「使おうと思ったが、 
ナイフを持ち忘れていた事に気づいた。」という表現はあるものの、最後までナイフは使っていない。 

まだ家宅捜索で押収したものを調べていないにも関わらず、元同級生の証言を頼りに「ナイフ、ホラー映画」 
の事を記者会見で発表するものの、いざ蓋を開けてみれば「そんな物は無かった。」と考えればこの不審な 
発表全てが一本の線で繋がってしまう。 

実際に家宅捜索で無かった物をなぜ「押収した」と発表できるんだろうか? 
理由は「元同級生の証言に食いついた」以外ないだろう。 



47 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/02/22(水) 19:19:22.41 ID:4v7tXfgA0 [11/12回(PC)]
ちなみに元同級生が警察に「少年Aがあやしい」と言ったのは6月9日。警察が「多数の地元住民の目撃証言は 
あてにならない」という「考え」が記事に載ったのは6月19日。 

正確な日付までは分らないが、ある日突然警察は「J君殺害はタンク山、その後胴体部分はタンク山アンテナ 
基地内から動かされていない」という見方を強める。根拠は主に以下の2つ。 

1・実はJ君の膝と靴にタンク山の土が付着していた。 

2・死斑が一か所しかない。これはこの場所で殺害された後移動していない事を意味する。 

これもおかしな話だろう。先も書いたように当初警察は「タンク山以外の場所で殺害された」 
という見方をしていたはずだ。移動していないのならばやはり「公開捜査」で見つけられなかった 
事はどう説明するのだろうか?死後2日経っているのに死臭すらも誰も気づかなかったんだろうか? 
5月のジメジメした気温の中でもか? 

おそらくある日を境に「元同級生の証言」のみを頼りに「少年Aが犯人」になるように捜査の 
方針を変えていったに違いない。つまり警察は「地元の多数の目撃証言よりも、元同級生の証言の 
方が信頼できる。」と「考えていた」わけだ。 

ググッてもらえれば分かると思うが、少年AはJ君殺害時悪戦苦闘している。「なかなか死なないJ君」 
に馬乗りになったり、えびぞりにしたりしている。これでは「靴と膝」にタンク山の土が付着していた 
どころか、「全身泥まみれ」になっていないとおかしいのである。 

死斑に関しては説明が長くなってしまうので載せないが、やはり「死斑が一か所」しかないからと 
言って、「その場所から移動していない」とは一概には言えないのが普通だ。 

ただし「公開捜査」で胴体部分が見つけられなかった事は中々覆す事は難しい。 



48 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/02/22(水) 19:20:07.63 ID:4v7tXfgA0 [12/12回(PC)]
それだけじゃない。そもそも「死斑」に関しては胴体部分が発見されてから既に調べているはずだ。 
調べた上で、「第3の現場で殺害され、公開捜査を打ち切った翌日にタンク山に移された。」と考えて 
いたはずだ。それをなぜ、遺体発見から2週間もたってからそんな考えになるんだろうか? 

やはりここでも「元同級生の証言」に食いついたからと考えざるをえない。14歳の少年では「公開捜査」 
の2日間、遺体を隠す事は困難だ。と考えた警察が捜査の方針を変えた。となればそれなりに説明がつい 
てしまうではないか。 

ここまで話してようやく「怖い話」に移動できるが、この事件が冤罪か、そうでないかは「怖い話」には 
あまり関係は無い。いかにこの事件がうさんくさい物であるか分って貰えただろうか? 

少年Aが真犯人である事に越したことは無いが、他に犯人がいる可能性も捨てきれない。ところで少年Aは既に 
社会に復帰しているが、最も怖いのは「目撃情報」だろう。犯人逮捕時「フォーカス」で素顔は掲載されているが、 
当時14歳の少年も成長して顔も少しばかり変わっているに違いない。 
にもかかわらず、目撃情報は後を絶たない。自分自身は今埼玉県にいるが、埼玉の上司は埼玉県にいる 
と言う。ところが、横浜にいる友人は「神奈川にいる」という。 
2Chのスレには~~県にいると数えきれないくらいの目撃情報がある。 

以前どこかの週刊誌に~県にいるという情報が流れたが、今もそこに住んでるとは言い切れないだろう。 
何人の酒鬼薔薇がいるんだろうか?正確にいえば「酒鬼薔薇と思われている人物」は何人いるんだろう? 
それぞれの県に一人づついてもおかしくないだろう。一体何を根拠にその人間を酒鬼薔薇と決めつけて 
いるのだろうか?なぜ酒鬼薔薇だと断定できるのか? 

そしてもし酒鬼薔薇じゃないのに顔が少し似てるくらいで勘違いされいじめのような物を受けている人間 
もいるだろう。それが原因で会社を辞めさせられた人間もいるかもしれない。 

このような「勝手な思い込み」で何人の人間が不幸な目に逢うんだろうか?これでは「元同級生の証言」に 
食らいついただけの兵庫県警と何も変わらないではないか。 

怖いと言えばこれほど怖い事は無い。