TSU_IMG_2437_TP_V

60 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/02/15(水) 16:26:12.00 ID:SFQVaQqX0 [1/7回(PC)]
子供のころ、数日間田舎にあずけられることがあった。 
群馬の山間部にある、比較的大きな家で、裏には『おてんぐ山』と呼ばれているじいちゃんの持山があった。 
やることがないと、その山で落ちているセミをとったり、ウロウロと歩き回ったりして時間を潰していた。 
だが、絶対に山頂に向かってはいけないと言われていて、ある場所から奥へは入ったことがなかった。 


61 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/02/15(水) 16:35:40.70 ID:SFQVaQqX0 [2/7回(PC)]
迷子になりそうだったので、それより奥に行こうとも思わなかった。 

ある時、おてんぐ山で遊んでいると、不意に男の子が現れた。 
僕よりいくつか年上で、多分小学四年生くらいだろうか。 
せみの取り方を教えてくれて、もっといい場所があると促され、僕ははじめて山の奥に足を踏み入れた。 
途中のことはあまり覚えていないが、着いたのはおてんぐ山の山頂だった。 
小さく狭い山頂には、古いがわりと立派な祠のようなものが建ててあった。 
62 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/02/15(水) 16:50:01.80 ID:SFQVaQqX0 [3/7回(PC)]
セミをとるのにい居場所とは思えないが、その祠をみて、何か新発見をしたような満足感を感じていたと思う。 
しかし、時刻はすでに夕刻で、山頂も薄暗くなりかけており、戻る道はもう暗くなっているようだったため、早く帰ろうと思っていた。 
そう申し出ても、男の子は祠を開けて、中の床板を剥がしてほしいと懇願するので、祠の扉を開いた。中にはこれといって石仏や観音の類いもなく、がらんとして埃ぽかった。 
床板は剥がせない、と渋って見せたが、彼が言うには、床板の下には何か宝物があるらしい。 



63 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/02/15(水) 17:12:06.73 ID:SFQVaQqX0 [4/7回(PC)]
苦労して床板の一部を何とか開けることができた。 
中には、薄っぺらくてボロボロに錆びた刀剣のようなものがいくつかと、古銭が散らかっていた。 
錆びてガスガスだけど本物の刀だと思い、興奮したが、子供の手でも容易に折れるほど朽ちていた。 
もっといいものはないかと奥をのぞきこんだが、暗くてよく見えず、見える範囲では目新しいものはなかった。 
もっと開けてほしいと頼まれたが、祠を壊すことの祟りや叱責を恐れるべきと、もう暗くなってきたことを理由に拒んだ。