156 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/12/02(金) 05:21:33.47 ID:ZqYfpn4z0 [1/2回(PC)]
俺はその日疲れていて、テレビを見ながら一人晩酌をしていたんだがいつの間にか眠ってしまっていた 
暖房器具がいつの間にかタイマー設定になっていたのだろう、寒さでふと目が覚めた 
テレビは放送が終了し、カラーバーとともにピアノの曲が流れていた 
寒さで目が冴え、酒しか飲んでおらず腹が空いていた俺は近くのコンビニへ 

肉まんとおにぎりをいくつか、それと温かいお茶を買って店を出た 
肉んマンを頬張りながらの帰宅途中、どこの家からかはわからないがピアノの音が聞こえてきた 
「こんな時間に近所迷惑だなぁ。ま、自分の家の近辺じゃないからいいや」 
そんなことを思いつつ、むしろどこからともなく聞こえてくるピアノの音に耳を傾け楽しんでさえいた


157 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/12/02(金) 05:26:10.93 ID:ZqYfpn4z0 [2/2回(PC)]
しかしどうも聞いたことのある曲だ、しかもつい最近 
思い出そうと更にピアノの音に集中してみたところで違和感に気がついた 
聞こえ始めた場所からはずいぶん歩いてきたのに、未だに音が聞こえる 
それどころか音が小さくも大きくもなっていない 
なぜかはわからないが急に怖くなって、俺は家まで走った 

自分の家に着き多少は安堵したが、まだ落ち着かなかった俺はさっきのピアノの音を忘れたくてテレビを点けようとして気がついた 
目が覚めたときにカラーバーを映すテレビから流れていた曲が、さっきまで聞こえてきたピアノの曲だった 
気がつくとほぼ同時、再びあの曲が聞こえてきたがもちろんテレビは点けていない 
俺は布団に頭まで入って目を閉じた。いつしか聞こえなくなっていたが、朝になっても眠れはしなかった 

翌日友人に話してわかったのだが、このあたりで視聴出来る放送局で放送終了後のカラーバーにピアノの曲は使われていなかった