KO_IMG33731_TP_V

364 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/11/24(木) 11:06:46.58 ID:XwqkXOg90 [1/1回(PC)] 

うちの方では最近、千羽鶴を折って川に流す。にの(二の?)厄って言われてる。 
物凄く簡略化されているらしい。 
本当は形代を流すらしいが、 
ばーちゃんの話をちょっこっと聞いたら藁人形レベルだったんで怖くて途中で逃げた(笑 
もう30過ぎてるんで、自身ビビりだって事以上に怖い体験はないんだが、 
何しろ満月の晩、夜半過ぎに一人で川行って流して来いって・・・ 
眠いし、寒いし、影が幾つも出来てたりするし。 
自分の足音が脳内で反響してるんだろうが、ひたひた・・って後ろに絶対何かついてきてる気がするし。 

しかし、何で後ろを振り向いたらダメなんだろうな?


366 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/11/24(木) 11:46:27.26 ID:p838ryF50 [1/1回(PC)]
>>364 
今でも一部の神道流派で形代を体の悪い部分に擦り付けた後で 
川に流したり燃やしたりして悪いモノを落とすおまじないが伝わってるから 
それの原形かその延長線上の民間信仰じゃないかな



368 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/11/24(木) 12:38:23.93 ID:omUNiQiKO [1/1回(携帯)]
>>364 
昔の方法は流し雛みたいな感じじゃないのかな? 
>>366 
今住んでる地区では、紙の幣みたいなやつに疫を移して、普段は榊をお供えする台みたいのがあるけど、その下に投げ捨てるってお祓い(?)がある。今年やったよ。 



370 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/11/24(木) 12:55:35.19 ID:XKJZ9hMHO [1/1回(携帯)]
>>364 
“振り返ってはいけない”は古代文学や民俗学での“禁忌(タブー)の設定”という制約と同じだと思う。 

イザナギが死んだイザナミを追いかけて黄泉の国へ行ったとき「見ないで」と言われたのに見てしまい、地上に追い払われる、という話がそれ。禁止されてることを「した」ら終わり、何かを失う。 

これは昔話によく出てくる。 
鶴の恩返しの「見てはいけない」、浦島太郎の「開けてはいけない」がそれにあたるよ。 



372 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/11/24(木) 14:41:29.53 ID:HpPKplmi0 [1/1回(PC)]
多くの儀式のルーツが古事記などから来ていることを考えれば 
そうだろうね 

大体は厄を何かの依代に移して、流しちゃおうってことだろう 
振り返ることで、切れた縁をまた戻しちゃうじゃないかな?