PAK25_iphonegamenwareta_TP_V

392 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/08/16(火) 15:13:25.71 ID:uu7DEY/1O [1/3回(携帯)]
その日妹は友人と二人で遊びに行っていました。 
その帰り、二人で電車を待っていたそうです。 
地下鉄なので電波は当然悪かったのですが、突然電話がかかってきたそうです。 

画面には「ママ」と表示が。 
(お恥ずかしい話ですが、我が家は異常に仲がよく、高校生にもなって姉妹で母のことを「ママ」と呼んでいます。) 

地下鉄の駅を下りた後は母が車で迎えに来る約束だったので、何かあったのかと特に疑問も持たず通話ボタンを押したそうです。 

しかし、さっぱり喋りださず、「もしもし?」と帰してもザー…という砂嵐のような音しかしない。 
後ででいっか、とそのまま電話を切りました。 

駅を下り、友人と別れて車に乗る頃には、もう電話のことなど忘れていたらしいです。 

 
394 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/08/16(火) 15:15:09.06 ID:uu7DEY/1O [2/3回(携帯)]

夜。 
夕食後にふと思い出したらしく、 

妹「そういえばママ昼間何のようだったの?」 
母「え?何が?」 
妹「何って、電話してきたやん!」 
母「してないよ?」 

母はほれ、と妹と私に通話履歴を見せてくれましたが、確かに妹の名前はありませんでした。 

えー?とかいいながら携帯を開いた妹が通話履歴の無い画面を見て、無い!!何で!? 
と騒いでいました。 

妹「絶対電話あったのに!」 
私「見えちゃいかん人からじゃない?ww」 
母「うわっ怖っwww」 
妹「ちょっww風呂入れんくなるやんwwww」 

なんて阿呆な会話をしてたんですが、風呂から上がった妹の顔が青ざめてて、涙目です。 
どうしたのか聞いた所、お守りの水晶が割れた、と。 

この水晶は昔旅行先で買ったもので、練りでない剣水晶に銀色の竜が巻き付いているデザインで、父にお守りとして力を込めてもらっていたものです。 

水晶って以外と硬いので、よっぽどのことがないと折れたりはしないのですが、竜の巻き付いている根元のあたりからぽっきりと折れていました。 



395 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/08/16(火) 15:18:31.15 ID:uu7DEY/1O [3/3回(携帯)]

続き。 


どうしよう、と涙目の妹を宥めて、二階の父の所へ行かせました。 

しばらくして戻ってきた妹が、泣きながらくっついてきたので話を聞きました。 

私「どうだったの?」 
妹「とーちゃんが、駅で電話かけてきたのがホントに質が悪い奴だったんだろって…。」私「あー、じゃあ助けてくれたのか。」 
妹「…ん…身代わりだって…」 
私「竜神様にありがとうしなきゃだねえ。」 
妹「うん…!」 

今は勾玉に竜の掘ってある水晶を首から下げている妹ですが、先日聞いたところ、あの時は水晶で精一杯だったから忘れてたんだけど、もいっこ怖いとこがあった、と。 

妹は携帯にママと登録するのが気恥ずかしく、○○○(母の名前)と登録していたそうです。 


それ以来妹の携帯に「ママ」から電話はかかってきていません。