648 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/10/14(日) 06:23:06.07 ID:kvwXjJC70 [1/3回(PC)]
バーちゃんの話で思い出した 

バーちゃんは1995年の正月に倒れた 
その年、ずっと休暇だった正月俺は関西に友人がいるので 
ずっとそっちで過ごす予定だった 

前の年の暮、「こっちで過ごしなよ」とバーちゃんは言ってたけど 
頑として行くと言い張っていた。 
その辺りバーちゃんは不思議な行動を取っていた 
普段は親戚の家とかに遊びに行くのだが、もちろん運転手は俺。

 
649 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/10/14(日) 06:23:37.84 ID:kvwXjJC70 [2/3回(PC)]
人当たりもよく人気者だったバーちゃんが来ると皆、喜んでいたものだ 
ただし昼間に限るが、その頃は夕方過ぎに突然、行きたいと言い出した 
こんな時間にと思ったが何件か回って、最後はお墓に寄った 
「いきなりどうしたのと」聞くと「いつかはお墓に入るから掃除よ」 
「不吉なこと言うなよ」って言ったものだ。 
まだ「来年はこっちに居なよ」とずっと言っていた



650 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/10/14(日) 06:25:57.61 ID:kvwXjJC70 [3/3回(PC)]
そして年明けに胸騒ぎがして一階に降りたらバーちゃんは 
「頭痛い…」普通じゃなく痛がったたので救急車を呼んだが 
原因は脳溢血だった 
手術のかいもなく15日にあっさり逝った。 
お通夜が終わり17日が葬式だったが、朝早く親戚が集まる 
TVを付けたら、神戸地区が震災に見舞われるという未曾有な危機だった 
もし行ってたら、確実に震災に合っていたろう 

もしかしたら知っていたのかもしれない 
そしてバーちゃんはそれから助けてくれたのかも…。 

今でも助けられてると感じることがある 
危ないところに行くときなどは特に。