136 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/07/19(火) 23:15:15.85 ID:BbnkMxRy0 [27/29回(PC)]
まさに息を呑む情景に心を奪われた俺は完全に自失していた。 
そして息苦しいほどの静寂に支配されていたこの空間に… 
さっきまで途絶えていた虫の声に代わりにいつの間にか聞こえてきたのは 
静かな鈴の音色だった。 

遠くから近くから距離感が曖昧になっているが確かに鈴の音が聞こえる。 
それにかぶさる様に性別は判らないが低く一定の音程で祝詞のような声も聞こえている。 

言葉の意味はわからないが不思議と聞いている者の魂をひきつける様な 
一種の波動のような物を感じる声だった。それが空間から耳へ、大地から両脚へ 
直接伝わってくるような感覚だった。厳かな、そして秘めやかな祝詞に耳を傾けていると 
段々と言葉の意味が直接頭の中に響いてきた。 

断片的だが俺が聞き取れた内容はこうだった。


137 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/07/19(火) 23:18:42.73 ID:BbnkMxRy0 [28/29回(PC)]
「彼(か)の地を乱すな…彼の地を清めよ…彼の地を鎮めよ…」 
後は鈴の音が響いてよく聞き取れなかったが祝詞の内容から 
この地に祭られている何かを鎮めるための鎮魂の唱の様に感じた。 

それは決して不快な音色ではなく、深く体に心に染む込む様な 
音色だったとうっすらとではあるがではあるが記憶している。



184 : 102[sage] 投稿日:2011/07/21(木) 04:50:52.01 ID:K+F3ZuES0 [2/34回(PC)]
この間どれだけの時間が経過したのかは判らない、しかし不思議に響く鈴の音色は 
恐怖の呪縛から俺を少しだけ開放した。 
固まった視界が少しだけ動かせる様になった俺はじっとしているのが耐えられなくなり、 
凝視していた右のバックミラーから左のバックミラーにゆっくりと視線だけを移した。 
この時二度目の衝撃が俺を襲う事になる。 
ギシッ 



185 : 102[sage] 投稿日:2011/07/21(木) 04:53:22.33 ID:K+F3ZuES0 [3/34回(PC)]
さっきまで掛かっていた重量物がまるですっと退いた様にリアのサスペンションが 
元の位置まで戻り、傾いでいたバイクの前後サスペンションが普段のクリアランスに 
戻った。 
しかし背中の粟立つ感覚はまだ静まらない、意識的に動かせられるのは左右に 
ほんの少し視線を振る程度。 
全身は瘧のように細かく震えるだけで依然として見えない背後から放たれる気のようなものが 
それ以上の俺の行動を許さなかった。 

バイクを放り出して逃げ出したい衝動と、振り返ってその「何か」の正体を見てみたい好奇心という 
相反する二つの思いに苛まれて俺は激しい眩暈を感じ始めていた。



186 : 102[sage] 投稿日:2011/07/21(木) 04:56:09.11 ID:K+F3ZuES0 [4/34回(PC)]
意思に反して体が左右にふらつく。 
このままではバイクもろとも倒れてしまうのではないかと思った俺は 
一度強くまぶたを閉じて眩暈が治まるのを待った。 

と、その瞬間、背中の粟立つ感覚が少し薄らぎ、それと同時に両腕の感覚が 
じわりと戻ってきた! 
たまらず俺は持っていたヘルメットをそのまま地面に落とし、反射的に両手で 
ハンドルを強く握った。 
タイミングは微妙なところだったが大きく左に傾き出していた車体は寸でのところで 
バランスを取り戻し、俺は辛くも転倒を免れる事ができた。 

この時大きく左にハンドルが振られたため、左のバックミラーは後ろの背景から 
大きく逸れて俺の腹の辺りを映しており、右のミラーに至っては真横を 
向いてしまい、鏡面すら見えなくなってしまっていた。 
全く後ろ側が見えなくなった格好になる。 



187 : 102[sage] 投稿日:2011/07/21(木) 04:59:36.50 ID:K+F3ZuES0 [5/34回(PC)]
ふら付く両脚で何とか踏ん張り、俺はハンドルをまっすぐになるように戻すと、 
ハンドルから手を離して急いで右バックミラーの位置を調整した。 

未だふらつく両脚のまま上半身を捻って直接後ろ側を見るよりは、 
バックミラーを後方に向けた方が安全にすばやく後ろ側を見ることができると 
判断したからだ。 

ちょうど俺の真後ろ、滝つぼ辺りにミラーを調節したとき、幽かに揺らめく 
鬼火の、ほの暗い光の中に幽かではあるがそれが一瞬見えた… 

先ほどまで俺の背後を支配していた「何か」の姿、 
周囲の鬼火にゆらめくように淡く映し出されたその姿… 

以外な物が映し出されたバックミラーを凝視し、俺は呼吸も忘れて呆然としてしまった。