984 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/13(月) 12:47:46.40 ID:DTKcuH0/0 [1/7回(PC)]
小学生の頃、両親が離婚し俺は母親に引き取られ母の実家へ引っ越す 
ことになった。母の実家は東北地方のある町でかなり寂れている。 
家もまばらで町にお店は小さいスーパーが一軒、コンビニもどきが一 
軒あるだけ。その町の小学校へ通うことになったが全学年で20人弱 
同級生は自分を含めて4人しかいなかった。 

越してきて1年半ほど経ったある日、一学年上の子にいじめられるよ 
うになった。原因はなんだったか思い出せない。まぁたいしたことじ 
ゃないと思う。とにかくその子のことが大嫌いでいなくなって欲しか 
った。その時、首刈り地蔵のことを思い出した。 

首刈り地蔵のことは越してきたときにじいちゃんに教えてもらった。 
小さな公園の奥の林の中にある首のない3体のお地蔵様。 
絶対にお供え物をしてはいけないと言われた。 
理由は教えてくれなかったが、越してきてしばらくして同級生に教え 
てもらった。このお地蔵さまにお供え物をして「○○を殺してくださ 
い」とお願いすると、その相手を殺すことができる。


985 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/13(月) 12:48:56.97 ID:DTKcuH0/0 [2/7回(PC)]
首刈り地蔵にお願いしよう。そう思った。 
週1回のお弁当の日。おにぎり2つを食べないで我慢して学校の帰り 
に首刈り地蔵にお供えし、お願いした。 

その日の夜、寝ていると足音が聞こえた。ガチャ、ガチャと鎧を着て 
歩いているような音。「足りない」そう聞こえた。ああ、そうか。お地蔵 
様は3体だった。おにぎりがひとつ足りなかったか。 

翌朝、おにぎりを一つ持って登校した。登校途中にある首刈り地蔵の 
もとへ行くと2つのおにぎりはそのままある。持ってきたおにぎりを 
お供えしようとすると、「こんのクソガキが!なにやってんだ。」と 
怒鳴り声が聞こえる。後ろから顔見知りのおじさんが走ってきて、お 
もいっきり殴られた。



986 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/13(月) 12:49:28.58 ID:DTKcuH0/0 [3/7回(PC)]
引きずるように自分の家に連れて行かれ、じいちゃん、ばあちゃんに 
怒鳴り声でなにか言い帰っていった。夕方になるとたくさんの大人が 
家へやって来た。じいちゃん、ばあちゃんはとにかく謝っている。 
東北弁がきつく、何を言ってるかわからなかったが俺も一緒になって 
謝った。とにかく大変なことになってしまったらしい。 
何日か話し合いがされ、うちは村八分ということになった。 
首刈り地蔵にお供え物をした一家は村八分。昔からそうらしい。 

実際、村八分がどういうものか知らないけどそれ以上だったかもしれ 
ない。うちの人間とは一切会話が禁止され、スーパー・コンビニで何 
も売ってもらえなくなり、母は町の病院で看護師をしていたが解雇さ 
れ、俺は学校に通わせてもらえなくなった。母と一緒に町役場に抗議 
しに行ったが話を聞いてもらえない。 
どうにもならない。ここではとても生きていけない。


987 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/13(月) 12:50:02.91 ID:DTKcuH0/0 [4/7回(PC)]
東京にでも引っ越そうと話したがじいちゃん、ばあちゃんはここを離 
れたくないという。生まれてからずっとこの町で過ごしてきた。死ぬ 
時もこの町で死にたいと。自分たちは大丈夫だから二人で東京へ行き 
なさいと。母はかなり心配していたがここにいては俺は学校へ通えな 
いし母も働くところがない。生活がまともに出来ない。 
母と俺は東京へ引っ越すことにした。 

実家にはまめに電話をし食品など荷物を送っていたが、しばらくして 
電話線を切られたらしく電話が通じなくなった。 
町に買い物に出たときに公衆電話でこっちにかけてくる以外は手紙が 
連絡手段になってしまった。帰省した時電話線を直そうといったが、 
じいちゃん達はこのままでいいという。たぶん他にも何かされていた 
と思うけど、何かすべてをあきらめているというか受け入れていると 
いうかそんな感じだった。