395 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 05:03:01.83 ID:FfO2niIP0 [1/8回(PC)]
荒唐無稽で、ありきたりだと笑われそうな話だけどいいかな。 
小学校2年の頃の話だ。当時、文字も読めるようになって怖い話大好きな 
俺は、月刊少年ボンボンで連載されていた漫画でなく、読み物の怖い話特集みたいのにハマった。(貧乏な家だったから立ち読みだが) 
怖い話も何度も読んでりゃ慣れるもので、最初は怖がっていたけど、毎月読んでるうちに全然怖くなくなってきた。 
そんな感じで、その月も惰性も手伝って読んでたんだけど、生まれて初めて「この話を読んだ人のところにやってきます」系を読んでしまった。


396 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 05:03:54.51 ID:FfO2niIP0 [2/8回(PC)]
内容はこんな感じだ 
・夜中に寝てると、外から「おばをよべ」「おばをよべ」という声が聞こえる。 
・起きて、ドアの向こうから「どなたですか?」と訪ねても「おばをよべ」というばかり 
・ドアを開けると、血まみれの婆さんが立っていました。→この話を読んだ人に(以下略) 
という、今読むと、割とありがちなオチも何もない怖い話。 
しかし、当時の俺としては一大事だった。真っ青な顔して家に帰り、泣きながら親に話したもんさ。



397 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 05:05:19.45 ID:FfO2niIP0 [3/8回(PC)]
親は笑って否定した。当たり前だよね。そんで、基本的に幽霊話否定+大嫌いな親父は、安心させる意味合いもあったのかな? 
「あるわけないだろ!もし、本当に来たら逆立ちして公園一周してやる!」みたいな事言った。 
俺としても、親がそこまで言うなら安心だし何より狭い住宅住まいだ。怖けりゃ親の懐に飛び込めばいい。安心して、夜寝る頃には、その話も忘れたのさ。 
それで問題の深夜… 
一度、尿意をもよおして、目が覚めて(恥ずかしい事に、この年でも怖くて一人で行けなかったので)親父を起こして済ませて、寝床へ戻り、また寝ようとした時…



398 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 05:07:56.00 ID:FfO2niIP0 [4/8回(PC)]
コツコツコツ…玄関のドアから誰かが軽くノックする音が聞こえたんだ。もうパニックさ… 
急いで、「来た!来たよぉぉっ!!!」って半泣き状態で隣で眠り始めた親父を起こしたんだけど、親父は「気のせいだ、寝ろ」と取り合わない。 
そうしてるうちに、玄関のソイツは、今度はもっと大きな音でコツコツコツコツコツ!ってノックし始めた。 
今度の歯、親父にも聞こえたようで、起きて遠くの玄関の様子をじっと見始めたんだよ。 
そうすると今度は玄関のソイツは、コンコンコンコンコン!!って家中の人間が起きるくらい大きな音でノックを始めた。