224 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/04/28(木) 03:50:00.59 ID:BNWIq7oiO [2/9回(携帯)]
>>223 

「おい!nか!こっちこっち」 
声の先には喜々とこちらに手を振るヒロだった。 
私もなんだか嬉しくなって、がらにもなく「おーい」だとか言って手を振って応えた。 
ヒロはどうやら沢で何かをしているようなんだが、釣り具はなかった。 
「nかぁ久しいなあー!あれらの相手はお前にゃ大変ろ?ん?w」 
とイタズラな顔をしてみせる。私も素直に「確かにお前の相手の方がよほど楽だな」と嘯き笑った。 

そうしてひとしきり互いに懐かしみ笑い合った後、 
「叔父さんがお前とかんぬっさんの所へ行けと言ったんだが、何か聞いてるか?」 
と訊ねた。 
「おーそうか!壊すの決まったか!よしよし、行こう行こう」おおよそ地鎮祭のような、そういった儀式の必要性は感じていたので私も彼の軽いノリに任せた。 
彼は草履と上着を羽織ると行くかー!と言って意気揚々と沢を上がった。 

「ところで、お前あそこで何してたんだ?釣りでもないみたいだし」 

「うん、はぁなんにもないよ!まぁまた後で話をばするわね」 

少し真剣な目をしたので、探るのは止めた。 

大変なのは俺なんかよりも、お前みたいなあいだに立つ奴なんじゃないのか? 

今になってそんなこと考えたりするよ・・・・・ 


226 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/04/28(木) 03:54:31.98 ID:BNWIq7oiO [3/9回(携帯)]
>>224 
まるでその山の玄関のような鳥居と、その斜面に続く恐ろしく長い階段。 
両側を木々で挟まれて陰になっていると言っても、真夏日にこの階段はキツい。 
「都会で体がなまったかnよぉw」 
「っるせぇwにしても長くないか?」 
本当にキツくて熱中症にでもなるんじゃないかと。 
「んにゃ、ガキの時分はよう登って遊んだろがw」 
ヒロも口は軽いが体は重そうだった。 

・・・着いたか? 
ヒロが社内の右手にある小さな詰め所のような社の戸を叩いた。 
「やぁ、こん暑い中よぉ来たねぇ。あがりあがり」 
そう言って神主さんは私たちを招いた。足が・・・足が酷く笑う。衰えを感じた。 
空調で冷えた室内が心地よく、乾いた喉にもきんと冷えた清水がもてなされた。 
一息をついて彼と私は神主さんに経緯と、また解体当日の朝に迎えにあがる事を伝えた。 
役目は終えたようだが、体はどうも涼みたいようで、彼ともその意見は合致した。 
静かな社に移動し、二人でつかの間の休息と、これから慌ただしくなる時間の分をゆったりと過ごしていた。 
まどろむ私たちの後ろから神主さんの声がした。 
「そういえば、s田さんの家の本家のnくんよなぁ?」 

「はい、そうですが・・・」 

「あの話は聞いてるよね?」 
「えっと、どの話でしょうか・・・?」 

神主さんは静かに頷くと、「また今度になるね」そう含みと余韻を残した。 



227 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/04/28(木) 03:58:22.47 ID:BNWIq7oiO [4/9回(携帯)]
>>226 

下りの階段は行きにくらべて楽だった。 
陽の加減もあるだろうが、距離と経験のある道は幾らか気分が軽い。 

私たちはyさん宅へと戻り、 

「かんぬっさんとこ行ってきたど」 
ヒロがそう言うと、「ああご苦労様」と叔父さんは労ってくれた。 
どうやら荷物の整理は終えたようで、先ほどの荷台の面影はない。 
陽はいよいよ低くなり、先刻のつんざく声はヒグラシに交代していた。 

s叔父さんが 
「nくん暑い中ありがとうね、あ!そうそう!このあとまた呑むから、中に入ってな 
kさんが旨い焼酎持ってくるってさっ!」 
「あ・・・はぁ」と生返事をしながらふと隣に目をやるとヒロと目が合った。 
表情を見て確かに叔父さんの子だと再度確信した。 


酒の席、どうやって上手くkさんから話を引き出すか。そして私が飲まされないように交わすか。 


そして、 
なぜ・・・・ 

なぜ私には母がいないのかを・・・・・