375 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/03/30(水) 23:33:12.18 ID:WzvptIe20 [7/9回(PC)]
その音がね、俺の耳と同じ階層って言うのかな。 
アパートの三階のロフトに寝た高さ? 
それの高度をキープしたまま、こっちにむかって 
近づいてくるのがだんだんわかって。 

「カンカンカン・・・・」 

ってあの音が近づいて来るんだ。 
ああ、いやだなぁ、はやく去らないかな、なんて考えてたと思う。 



376 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/03/30(水) 23:33:53.57 ID:WzvptIe20 [8/9回(PC)]
で、その音は、結局俺を通過していったんだよね。 

右耳から左耳に通り抜けるイメージでね。 


そのときに、はっと気がついたの。



377 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/03/30(水) 23:34:38.98 ID:WzvptIe20 [9/9回(PC)]
それは踏み切りの音じゃなくって 
たくさんの子供の声だった。 
それに、カンカン・・・じゃなかった。 

「コワイコワイコワイコワイ・・・・・・」 

って言ってたんだよ。 

そのまま通過していって、僕は気を失ったのか、それ自体が夢だったのか 
正直自信ないんだけど、翌朝目が覚めたんだよね。 

でもその声ってさ、耳に聞こえたんじゃなくて、脳に直接音が刻まれるイメージで。 
いろいろ生々しすぎて、なんとも判断できないんだが。 

それから少しの間、ボクは錯覚とか幻聴とかかもしれないんだけど、 
変なもの見たり聞こえたりするようなことが度々あった。 


まぁ、たいした話じゃなくてすまない。