244 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/03/07(月) 00:50:44.15 ID:0kvOpMvX0 [1/3回(PC)]
 えーと、いわゆる「まとめサイト」で、2ちゃんにこういう場所があると知って来ました。 
 2ちゃんに入るのは初めてなので、見当違いとか非礼があったらすみません。 

 自分は婿とって実家を継いでるんですが、実家というのが寺です。 
 自分が住職してます。 
 尼さんとかじゃないです。寂聴さんとかのようなではなく、 
普通に髪黒いし(今セミロング)、子供いるし、ライブはストレス解消だし、ネットもします。 
 仕事以外ではフリースとかジーンズとかで、門徒さんに「そういう恰好されるんですね!」と、若い頃は興奮されたりしました(笑) 
道行く人やドライバーに2度見されることは、今でもありますwwww 


 若い頃っていうのは、自分が大学(自分の宗派系)出る前、在学中から家の仕事手伝ってて、 
大学卒業と同時に自分ちに就職する形で、黙々とお経あげてるからです。 
 年齢はアラサーですが、歴は10年以上で、近所の葬儀やさんからは「中堅の住職」扱いです(笑) 

 で、寺の娘だからって、不可思議なことがある訳じゃないです。 
 うち三姉妹だけど、長姉は零感だし、次姉は子供の頃結構霊感強い子っぽかったけど、 
実は「どんだけ窮地に陥っても死なない鉄の運命」を持ったオンナだって、いつだったか占い師に言われた程度。 
 次姉は結婚先の義両親&旦那が「ごおうの寅」っていう、非常に業の者な干支周りらしくて、 
確かに結婚してから窮地ってか色々な事件に巻き込まれてるけど、全然元気に悪態つきながら生きてますwwww 
 私は私で、若い頃は京都で学生時代を送ったこともあり、ちょくちょく、なにやらありました。 
 でも私以外の家族は零感だと思います。てか完全零感です。 
 私自身も、「それらしき経験」があるにしろ、それに対して何か出来た訳じゃないし、何かされた訳じゃないので、元気です。 
 子供の友達ママにも「何かあったら助けてくれる?」って言われるけど 
「大丈夫☆世の中生きてる内に何も出来なかった人が、死んだからって生きてる人間に何か出来るわけない!」って、 
何も出来ないよオーラだしてます。

 
245 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/03/07(月) 00:55:32.93 ID:0kvOpMvX0 [2/3回(PC)]
>>244です 

 前置きが長くなりましたが、そういう「それらしき経験」の中で、実は私の人生に大きく関わって、 
これから子供達の人生にも関わってくれたら……と思ってることがあるので、それをお話ししようと思います。 



 子供の頃の夢の記憶で、不思議な夢があります。 
 夢なのか現実だったのか分かりませんが、取りあえず夜中。 
 うちの家は東側から西側に台所・風呂・洗面の水回り→居間→六畳間→八畳間って感じに繋がってるんですが、 
子供の頃私が寝てたのが、この八畳間でした。 
 ここには両親と、中学に上がるまで真ん中の姉が一緒に寝てました 
(因みに真ん中の姉が中学に入ったら、私は六畳間に移されたけど、これは単にいつまでも父親の布団で寝てんな!ってことだったのかも)。 
 で、とにかく夜中、目を覚ましたんですね。 
 ついでに細かく間取りを言うと、六畳間と八畳間の北側には、それぞれ八畳間と八畳間があって、 
そのさらに北に小さい廊下、と私たちが言ってた縁側があって、そこの西端にトイレがありました。 
 その廊下にいくには、寝てた部屋から隣の八畳との間の襖を開けて行くんですが、その夜目を覚ました私は、 
なぜか六畳間との襖を開けて、そのまま居間に行ったんです。 
 六畳間と居間の仕切は上が障子で下が磨りガラスの時代だったか、全部ガラスだったか覚えてませんが、 
うっすらと居間が明るかったです。 
 で、仕切のガラス戸を開けたら、コタツに誰かいるんですね。 
 明るいと思ったんですが、今思うと、私以外の家族は、電気の豆電球をつけっぱなしにする癖があるので、 
その明かりだったかもしれません。それでも、部屋がちゃんと見渡せるくらいの明かりだったし、広さだったんですよね。 
 で、その豆電球の明かりで、コタツに誰かいるのを見たんです。 
 顔は見たような見てないような気がしますが、怖いという感じは一切しなかったです。



246 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/03/07(月) 00:56:29.42 ID:0kvOpMvX0 [3/3回(PC)]
>>245続き 
 その時覚えているのは、ガラス戸に背を向ける形で、コタツにその人が座っていたということと、 
テレビの上だかテレビの横の棚にあっただるまが両目入ってたことです。 
 そのだるまは、私の記憶違いでなければ(というか親にも確認を取ってるので間違いないはずですが)、 
上の姉がそろばんの検定に受かるように、という願掛けをしただるまでした。 
 で、その日の夜、私が寝る前はまだ目が片目だったんですよ。 
 だから「あれ、だるまに目が入ってる」って思ったのですが、夜中で眠いし子供だったので、そのまま居間から出て、 
自分の布団に戻ったようです。 

 幸いなコトに、おねしょはしませんでしたwwwwww 


 その週のうちに、そろばん塾から姉が検定合格した、って連絡があったんですけどね。 
 だるまの目はその時入ってたような、姉が喜んで入れたような、記憶が曖昧なんですが……。 

 その数年後、真ん中の姉がもうすこし難しいそろばんの検定を受けた時も、 
夢だか夜中だかに、その人に会いました。 
 その時の状況は覚えてないのですが、居間ではなくて 
廊下(小さい廊下ではなく反対の南側にある縁側)だったような気がしてます。 



 その人は白いイメージだったので、私は「白いおねえさん」と呼んでいます。