329 : 死の彫刻(1/10)[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 03:06:15 ID:QZ6Vr1r10 [1/7回(PC)]
登場人物や地名などの名称はすべて架空のものに置き換えてあります。 

小学校の高学年頃の話だ。 
月曜の朝、ちょっぴりヤンチャ坊主な栗本という男の子が、ニヤニヤしながら変な物を学校に持ってきた。 
新聞紙に包まれ、二重の買い物袋に入れられたその物体は、かなりの重量がありそうだった。 
栗本がどっこいしょと掛け声を掛けながら、自分の机の上にその物体を置くと、 
ゴトリという重量のある鈍い音がクラス中に響き渡った。 

クラスの連中に声を掛け、机の周りに人を集めてから、トウモロコシの皮を剥くように 
買い物袋のビニールを剥き始めた。 
続けて出てきた新聞紙の塊を一枚ずつ勿体つけたように、ゆっくり丁寧に剥ぎ取る。 
中からは、ザラついた軽石のような石で造られた彫刻作品が出てきた。 
子供の頭と同じくらいの大きさの頭部だけの代物だ。 

その作品というのが見るからに不気味で、まず片目が潰れて血を流している。 
反対側の目はギリギリまで見開かれていて、焦点の合わなくなった虚ろな視線を、 
上の方に漂わせているような風情だ。まるで絶命する瞬間のように…。 

口は苦悶に歪み、だらしなく舌がはみ出していた。 
その口の端からも血のような赤い筋が滴り落ちている。 
誰の目にも「断末魔の瞬間」というような薄気味の悪い雰囲気が感じ取れた。 

それを見た瞬間、周りの連中は「うわっ」という声を上げて本能的に机から一歩退く。 
その後、ゴクリと唾を飲み込み、恐る恐る近付いてよく見直してみた。 
誰一人としてその作品に触れようとはしない。 

栗本はその彫刻の頭頂部をペシペシ叩きながら全員の顔を見渡して満足げな表情を浮かべた。 
栗本の親友の塩崎が、真っ先に皆が感じた疑問を代表して問いかける。

 
330 : 死の彫刻(2/10)[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 03:06:56 ID:QZ6Vr1r10 [2/7回(PC)]
塩崎:「何これ、自分で作ったの?」 
栗本:「いや、ちょっとある所から持って来たんだよ。」 
一同:「ある所ってどこ?」 
栗本:「それはちょっとここでは言えないな。だけどこういう物がまだ沢山あるんだよ。欲しい奴いるか?」 

みんなが顔を見合わせた後、男子の数人が「俺も欲しい」と名乗りを上げた。 
俺もその中の一人だった。 

その他の男子はこの異様な作品に本能的な嫌悪を感じ、欲しいなどと思うヤツはいないようだった。 
女子などは見るのも汚らわしいという雰囲気で、サッサと散り始めた。 

その日の放課後、一旦各自の自宅に戻ってから自転車で約束の地点に集合。 
実際に集まったのは栗本、塩崎、中島、金田と俺の5人だった。 
道すがら栗本に今朝の彫刻をどこから持ってきたのかを尋ねてみた。 

栗本:「勝間川の先に、手で掛けられたような欄干も無い橋があるのを知ってるだろ?」 
俺 :「あぁ、幽霊が出るとかいう噂の、滅茶苦茶寂しい場所だね。」 
栗本:「そうそう、あの幽霊橋。その先は防風林のような木で囲まれた畑があって、道が細くなるじゃん。」 
俺 :「昼間でも薄暗い気持ちの悪い場所だよね。その先には行ったことがないけど…。」 
栗本:「あの道を真っ直ぐ行くと崖沿いに道が折れ曲がっていて、そこから2~3キロ進むとあるんだよ。」 
俺 :「ふ~ん…。」 

何が? などとは尋ねなかった。行けばわかると思ったからだ。 
幽霊橋を渡り、防風林のような樹木に覆われた畑を抜けた先の切り立った崖は、 
崖崩れを防止するためのコンクリートで覆われていた。