608 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/12/26(日) 15:34:23 ID:ZX07P7w6O [7/9回(携帯)]
そして友人が「出てこいよ!!」と叫ぶと、また鈴の音が止まりました。 

私たちはもうなにがなんだかわからない状態。 
すると、建物の陰からギシギシと音を立てながら鈴の持ち主が姿を現しました。その姿は一言でいうなら異質で私は見た瞬間にやばい、これはやばい物をみてしまったと思いました。 

鈴の持ち主は老婆で多分八十くらいのお婆さん。服装は浮浪者というような汚い格好ではないんだけど、ジブリの作品に出てくるような感じの服装だった。髪はボサボサでよくわからないが、服には人形と風車が至る所につけられていた。 

そして、両手にはなんというのかはわからないが、老人がよく使っているタイヤのついた荷物を運ぶのであろう鞄を手で押していた。鞄には聞いていた通り鈴が吊してあって、さらに風車と人形がこちらにもつけてあった。鞄の中身はよくわからないが見る気にはなりませんでした。 

私たちはもう言葉を発することも出来ずにただただ固まりました。やばい絶対にやばいと思いました。老婆は私たちの前に現れると歩みを止めてなにかぶつぶつ呟きながら立ち尽くしていました。 

どうすることもできない私たちはその光景を見てることしか出来なかったのだが、暫くぶつぶつ呟いた後、老婆がこちらをギロッとみて顔をこちらに向けたままぶつぶつ呟き始めました。何分そうやっていたのかは分からないけど、とても怖かったです。 
しばらくすると老婆が私たちの方を見てニヤリとと顔だけで笑みを作って声も出さずにまた道を歩き始めました。私たちは怖くて鈴の音が聞こえなくなるまでそこから動く事が出来ませんでした。 
以上が自分が体験した不思議な体験です。なぜ老婆が元旦にあんな場所にいたのか、あの老婆がなんだったのか等は全くわかりません。

 
612 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/12/26(日) 15:51:55 ID:GtgLxV1z0 [1/1回(PC)]
老婆よりも、無事にギターが手に入ったのか気になるんだが……



613 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/12/26(日) 15:54:42 ID:ZX07P7w6O [8/9回(携帯)]
>>612 
ギターは無事手に入りました。情報と違って結局朝までに5人くらいしかこなかったですww 

寒くて死にかけましたが



616 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/12/26(日) 16:47:29 ID:TWIxE6z+P [1/1回(p2.2ch.net)]
なんのギター?Fender?いくらのがいくらになった?



617 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/12/26(日) 16:57:16 ID:ZX07P7w6O [9/9回(携帯)]
>>616 
たしかfenderのヴィンスト57が九万とかだった気がする。 
今となっては試奏もしないでよく買ったと思ってるよw 
でも普通に良いギターだよ