952 : 目覚め  ◆oJUBn2VTGE [ウニ] 投稿日:2010/12/17(金) 23:26:24 ID:1sx/PKqt0 [1/4回(PC)]
大学一回生の冬だった。 
そのころアパートで一人暮らしをしていた俺は、寝る時に豆電球だけを点けるようにしていた。 
実家にいたころは豆電球も点けないことが多かったが、アパートでは一つだけあるベランダに面した窓に厚手のカーテンをしていて、夜はいつもそれを隙間なく締め切っていた。 
だから豆電球も消していると、夜中目が覚めた時に完全に真っ暗闇になってしまい、電球の紐を探すのも手探りで、心細い思いをすることになるのだ。それが嫌だったのだろう。 
ある夜いつものように明かりを落とし、豆電球だけにしてベッドに倒れ込んで、眠りについた。夜中の十二時くらいだったと思う。 
それからどれくらい眠っただろうか。 
意識の空白期間が突然終わり、頭が半分覚醒した。目が開いていることで自分が目覚めたことを知る。 
あたりは夜の海の底のように静かだ。天井の豆電球が仄かに室内を照らしている。何時くらいだろうか。 
壁の掛け時計を見る。眼鏡がないと針がよく見えない。短針が深夜の三時あたりを指しているようにも見えるが、枕元のどこかにあるであろう眼鏡を探すのもおっくうだった。頭は覚めていても身体はまだ命令を拒んでいる。 
ぼんやりと、どうして目が覚めたのか考える。 
電話や目覚まし時計の音が鳴っていた痕跡はない。尿意もない。最近の睡眠パターンを思い出しても実に規則的で、こんな変な時間に目が覚める必然性はなかった。 
いつも割と寝つきは良く、夜中に何度も目が覚めるようなことはなくて、朝までぐっすりということが多かったのだが…… 
それでもたまにあるこんな時には、得体の知れない恐怖心が心の奥底で騒ぐのを感じる。 
理由はない。あるいは無防備に意識を途絶えさせることに対する原初的な恐怖、ただ夜が怖い、というその本能が蘇るのかも知れない。 
ベッドで仰向けのままもう一度眠ろうとして目を閉じる。 
深く息をつくと、まどろみは自分のすぐ下にあった。 

翌日師匠に会った時に、ふと思いついたことを言ってみた。オカルトに関して師と仰いでいる人だ。 
「目が覚めるとき、目を開けようと思ったかどうか、ねえ」 
師匠はさほど面白くもなさそうに繰り返した。

 
953 : 目覚め  ◆oJUBn2VTGE [ウニ] 投稿日:2010/12/17(金) 23:29:51 ID:1sx/PKqt0 [2/4回(PC)]
「ええ。昨日の夜中に急に目が覚めて思ったんですけど。目を開ける前に先に意識が覚醒していて、その覚醒した意識で『目を開けよう』と思っているのか、それとも目を開けた瞬間に意識が覚醒しているのか。どっちなのかと思いまして」 
どっちでもいいんじゃない、という顔をしたが一応考えているようだ。 
「個人的には目を閉じたまま『あ、今夢から醒めた』と思ったことはないなあ。でも人によるんじゃない?」 
「脳のどこかの反射で目が開いて、その目が開いたことで意識が覚醒する、とか」 
「さあねえ。でもそれなら目が見えない人はどうなるんだ」 
そうか。そういう人たちは夢から覚めても暗闇の中だ。つまり目が覚める切っ掛けは視覚的なものではない。 
でも普段視覚に頼っている自分たちが、その視覚を塞がれていたらどうだろうか。眼球が外気に触れないように完全にテープか何かで開かないようにしてから眠ってみると、目が覚める瞬間はどのように知覚されるのか? 
考えていると興味が湧いて来て、今度試してみようと思った。 
「目が開くことが覚醒の切っ掛けなら、ずっと目覚めないかもよ」 
師匠がいやらしいことを言う。でも、それはそれで面白いと思う自分がいた。 
「でも」と、師匠が言葉を切り、そして何気ない口調で続けた。 
「普段熟睡できている人が、夜中急に目が覚める理由なら知っている」 


その冬休みに、俺は実家に帰省した。洗濯や食事の準備などしなくて済むという実家の有りがたさを味わう日々だった。 
ある夜、自分にあてがわれていた和室に布団を敷いて寝ていると、夜中に目が覚めた。 
天井に木目が薄っすらと見える。豆電球に照らされているのだ。だんだんはっきりしていく頭で、ここがアパートではなく実家だったことを思い出す。
また目が覚めてしまった。ここしばらくはなかったのに。 
頭を動かすのもめんどくさくて、眼球だけで周囲を見回す。すべて布団に入った時のままだ。俺が家を出たのを幸いに家族が荷物を放り込み、ちょっとした物置状態になっている。 
そのごちゃごちゃした衣装ケースや段ボール、使わなくなった棚などが、時が止まったようにひっそりとたたずんでいる。 
それを見るともなしに見ていると、自分の中に、ある感情が湧いてくるのを感じる。 
まただ。