198 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/11/10(水) 16:45:00 ID:E/U5SKn50 [1/1回(PC)]
叔父の話。 

去年の9月頃、友人数人と山形の月山に登山した。 
月山頂上小屋で一泊し、早朝の御来光に備えた。 
翌日は晴れて、見事な雲海が広がっていた。 
御来光と雲海を目の前にして、「うーん」と大きく伸びをした。 
伸びをした途端に、固まってしまった。 
雲海のはるか先を人が歩いている。 
呆然としていると、4・5歩程歩いて突然消えた。 
雲に穴が開いている・・・・・・落ちたらしい。 
直ぐに、近くの友人に聞いてみたが誰も見ていない。 
しばらくその箇所には穴が開いていたらしい。 

叔父は、間違いなく人だったと言い張っている。

 
201 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/11/10(水) 16:48:36 ID:zfLWy2/Q0 [2/2回(PC)]
>>198 
不思議だね。 
想像してみるとなんか笑えるw 
そういう話嫌いじゃない。