664 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/11/08(月) 22:11:18 ID:z6yG6fth0 [1/2回(PC)]
俺の田舎も一応因縁みたいなのはある。 
俺んとこは白蛇様。 
もともとの言い伝えは畑にいた白い蛇をある庄屋の娘がうっかり殺したところ 
飢饉だか不作だかになって、とにかく大勢が死んだ。 
んで、その庄屋の家がお詫びにと娘を生贄として海に放り投げ、家で白蛇様を祀る祠を建てたところ 
その飢饉だか不作だかが終わった。 
それ以来、その庄屋の家では稀に白蛇様のお使いの真っ白な子供が生まれるようになった。 
それがうちの家系、ということらしい。 
まぁ、多分、後付の話だろう。 
確かに俺の祖母の弟が白蛇様のお使いだったらしいが、恐らく今で言うアルビノで 
そういうのが生まれやすい家系だったんだと思う。 
そして、そういうのが生まれる→白蛇に似てる→白蛇様のお使いだ→物語作成、という逆の流れなんじゃないかと思ってる。 

 
665 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/11/08(月) 22:19:53 ID:Na+1L8yOO [2/4回(携帯)]
祠や祭祀の現状は?



666 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/11/08(月) 22:24:20 ID:z6yG6fth0 [2/2回(PC)]
>>665 
小さな祠があるだけで、毎朝叔母さんがご飯とお水をあげてる。 
あと、田舎の近所じゃ蛇は殺しちゃいかんと教わるくらい。 
多分田舎にある伝承的なものは、大抵後付なんだと思ってる。 
昔はアルビノは珍しかっただろうし、原因もわからなかったから「白蛇様のお使い」ってことで決着つけたかったんだろう。



667 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/11/08(月) 22:26:48 ID:Na+1L8yOO [3/4回(携帯)]
一つの見方としてありうる



668 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/11/08(月) 23:15:02 ID:6J6xnJiO0 [1/1回(PC)]
>>666 
久方ぶりに、まっとうな書き込みを読んだ。興味深い話をありがとう。 
自分の娘を奉げてわびる責任の取り方が凄い。娘さん、少し気の毒だね。 
悪気はなかったのだろうに。