743 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/11/10(水) 03:16:50 ID:J1mq4toE0 [4/12回(PC)]
それから度々不思議なことが起こるようになった。 

暗闇の中で延々と何者かと喋っていたり、 
旅行先で急にいなくなったと思ったら、寺院の石碑に話し掛けていたり、 
愛犬の死期を悟る発言をしたり、と不気味な行動が目立った。 

そこで祖父は、僕を名付けたお坊さんの寺へ連れて行った。 
お坊さん曰く、子供特有の感受性と相まって、生まれた時よりもさらに強力な力を持っているらしい。幸い、まだ悪いモノとの接触はなかったようだが、この先どうなるかわからない。そして、僕はその力を抑える処置を施された。

 
745 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/11/10(水) 03:18:07 ID:J1mq4toE0 [5/12回(PC)]
ちなみに、この頃の記憶は一切ない。 
それどころか、それ以前の記憶、例えば愛犬がいたことすら覚えていない。 
なので、ここまでの話は全て両親と祖母、お坊さんから聞いたものだ。 
この頃以降の記憶はおぼろげだが、ある。



746 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/11/10(水) 03:19:20 ID:J1mq4toE0 [6/12回(PC)]
それからというもの、奇行はピタリと止み、不思議な経験も特に記憶にない。 
もしかすると、普通の子よりも鈍感な子供だったんじゃないだろうか。 
しかし、あることをきっかけに、力は解放されることになった。