733 : 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ [sage] 投稿日:2010/11/07(日) 16:33:33 ID:+RWlXtGj0 [3/3回(PC)]
仕事仲間の話。 

遠場に仕事へ出掛けた折、帰りが深夜になったので、車中泊をすることにした。 
峠道の途中で山へ入る口があり、その奥に丁度車を停められるスペースがあったので、 
これ幸いと乗り入れ、休むことにする。 
シートを倒し、疲れた身体を横たえていると、突然ガチッ!と耳障りな音がした。 

車のオートロックが解除されていた。 

キーは車に挿したままだった。身体が解除ボタンに触れた訳でもない。 
不審に思いながらも再びキーをロックし、横になる。 

しばらく後、またもガチッ!とアンロックの音がした。 
慌てて即座にロックし直すが、その直後にまた解除された。 

どうにも気味が悪くなってしまい、すぐにエンジンを駆けてそこを飛び出した。 
結局、その山を下りた場所の避難所で夜を明かすことになった。 
そこではオートロックが解除されることはなかったという。 

帰宅後、整備会社に車の調子を見てもらったが、どこにも不良箇所はなかったそうだ。