178 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/10/06(水) 15:34:13 ID:pN7gNhp60 [1/1回(PC)]
妖怪は曾爺ちゃんの時代には普通にいるって事になってて、しょっちゅうタヌキに化かされただの、 
舟幽霊が出ただのとそんな話を聞かされたって爺ちゃんが言ってた。 
爺ちゃんの話では、戦前、戦中と戦後しばらくはそんな話もたまに聞いたけど、万博とか、テレビが一般化 
されてから後、全く聞かなくなったらしい。 
皆、家でテレビ見るから年寄り同士が話す機会が少なくなったんだと思う。 

思うに今の小学生なんて、家族、親戚、学校の先生、塾の先生以外の大人と、話す機会ないと思う。 
声かけられたら逃げろの世の中だもんなw 
俺が子供の時は、駄菓子屋のおばさん、~ストアのおっさん、友達の親戚のおばさん、近所の人、名も知らん犬の散歩してる人、 
良く飯食いに行く店のおっさんとか、神社の神主さんとか、地方裁判所の偉いおっさんとか、 
名前は知らんけど世間話をする人はいっぱいいた。 
神社の神主さんなんて、呪いの5寸釘見せてくれた(お払い済み)。供え物のポテチももらった。 
裁判所のおっさんとは、裁判所の庭で蝉を一緒にとった。蝉のお化けの話も聞いた。 
たった10年前は知らないおっさんが、道を尋ねてきたら親切に教えるのが普通だった気がする。 
連れ去り魔なんてほとんど聞いたことなかった。午後4時から6時位までは、犬の散歩や、買い物行くおばさん、 
仕事帰りのおっさん、高校生とかたくさんいて本当に賑やかだった。本当にどうしてこうなった・・・。 

自然が減って、妖怪の体験数自体が減ったんだろうけど、実際には聞く機会がないのが大きいんじゃないか? 
でも俺は、聞くだけじゃなく、どうしても妖怪に会いたくて少しでも可能性がありそうな自然が多く残る屋久島に行った。 

このスレにいる人たちも、やっぱりできるならば、妖怪に実際に出合って見たい人たちなの? 

 
179 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/10/06(水) 15:53:29 ID:EAnRnyAU0 [1/1回(PC)]
俺は妖怪は感じるものと思っているかな。 
ガキの頃、田舎や山に行った時に見た風景が水木先生の書く妖怪の絵 
の風景とダブって夜はその場所には妖怪が出るんだと感じていた。 
しかし今はその田舎や山も住宅やマンションが出来たり、道が通ったりで 
残念な事に妖怪は感じられなくなってる。



180 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/10/06(水) 16:05:26 ID:sswny0jT0 [4/4回(PC)]
そーじゃないな 
俺本当に小学校5年生くらいの夏休みに、チャリで砂利道走って市営プールに向って漕いでいた 
そしたら何か左の太ももにチクッって感じがあって見てみたら 
ズボンの上からスッパリ切れてんのよ 
そんでズボンめくってみたら結構深く切れていて、脂肪らしき白い色が見えてるんだけど 
血は一滴も流れてない 
怖くなっちゃってすぐ家に戻ったのだが、お袋に見せたら 
『こりゃ~、釜鼬にやられたね』って赤チン塗ってくれたっけ 
もう跡形も無いけどね



181 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/10/06(水) 16:19:29 ID:GDWCgpiBO [1/1回(携帯)]
>>180 
>>179は妖怪がいないとは書いてないだろ、 
妖怪の捕らえ方は人それぞれだし、 
>>180が妖怪が実在するのを信じてるのもアリだが、頭ごなしに他人の妖怪感を否定するのはナンセンス。



182 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/10/06(水) 16:33:22 ID:SSi5VaTaO [1/1回(携帯)]
つーか『鎌鼬』じゃねーの? 
『釜鼬』じゃ、突っ込んできそう